マッチョな肉体と童心のギャップ萌え?BTS、東方神起を超えた意外なK-POPグループ【人気ランキング】

マッチョな肉体と童心のギャップ萌え?BTS、東方神起を超えた意外なK-POPグループ【人気ランキング】

  • AERA dot.
  • 更新日:2021/05/02
No image

BTSのメンバー(GettyImags)

一過性のブームを超えて、定着した日本におけるK-POP人気。ニュースサイトAERAdot.では、好きなK-POPの男性グループに関するアンケートをインターネット上で実施。幅広い世代から計1万3243件の回答が寄せられた。一番好きな男性グループとして選ばれたのは一体どのグループだったのか。ランキング形式で発表!

【K-POP人気ランキング】1位から20位の結果は?

*    *  *

アンケートはインターネット上で、4月5日~4月20日の16日間で実施。好きな男性グループ、次世代で注目のグループ、歌がうまいと思う人、ダンスがうまいと思う人などを理由とともにたずねた。回答者の年齢は、40代3746件(28.3%)、50代3309件(25%)、30代2113件(16%)、20代1825件(13.8%)だった。98.7%を女性が占めた。

まずは、好きな男性グループの結果から。回答数でランキングにした。早速10位から順にファンの声とともに発表していこう。

■    10位 SUPER JUNIOR 278票

韓国の大手芸能事務所SMエンターテイメント所属のグループ。エンターテイメント精神にあふれたステージで魅了している。ヒット曲も多く、例えば“出世曲”の「SORRY,SORRY」は中毒性のあるメロディとコミカルなダンスで、歌番組やサバイバル番組でよく他のグループにもカバーされている。

「バラエティ色もあり、メンバーが集まった時の絡みとトークがひときわ面白いグループ。そして若いアイドルたちに顔負けしないビジュアル」(20代女性)

「ヒット曲を出しても表彰では大賞に選ばれずに涙を流したり……。メンバーもファンも辛い思いをしてきました。そんな経験からファンが一団となって彼らのブレイクにつなげました。メンバーもよく理解しているのでファンに対する想いが強いです」(20代女性)

「コロナ禍で来日できませんがSNSなどで常にファンとコミュニケーションをとってくれるのでファンが離れるよりも、ファンをどんどん増やす魅力がある」(40代女性)

■    9位 BTS 301票

もはや説明不要の世界的なボーイズグループ。2018年には国連総会でスピーチするなど、その活躍と影響力はエンタメ業界にとどまらない。スピーチで世界中の若者に"What is your name? Speak Yourself"と語りかけたことに象徴されるように、メッセージ性の強い曲も多く、歌詞や世界観に共感するファンも多い。

「悔しい思いを抱えて傷ついてきたからこそ紡ぎだせる彼らの曲に惹かれた。弱小事務所ですぐに消えると言われたのに、世界のBTSと呼ばれるようになった。奇跡だと思う」(60代女性)

「彼らがファンに伝えるLove yourselfのメッセージで、どれだけ救われたか知れません。7人それぞれの個性と人間としての魅力に、惹かれまくってしまいます。愛すべきグループです」(50代女性)

「努力家でトップアーティストになっても謙虚な姿が素晴らしいです。パフォーマンスは見事にそろっているし、ハードなダンスもキレがある。歌も音程を外さず安定した歌声です」(20代女性)

■    8位 TREASURE 453票

BIGBANGやBLACKPINKが輩出したYGエンターテイメント所属。音楽性を重視する事務所らしく、ダンスだけでなく、ボーカルの実力も群雄割拠の若手グループの中でも群を抜いている。4人の日本人メンバーにも注目。

「メンバー12人のうち4人が日本人で親近感を抱きやすいです。普段の騒がしい姿とステージ上でのかっこいい姿とのギャップが心に刺さります。メンバーが個性豊かで、私服が全身真っ赤な子やマフラーを頭に巻く子……話し方がマシュマロの子もいます(笑)」(19歳以下女性)

「厳しいオーディションを勝ち抜いてきた精鋭たち。若いながらも、しっかりとした歌唱力と高いパフォーマンス力をメンバー全員が持っている。曲も自分たちで作って発信するスキルも持っています」(30代女性)

「メインボーカルのバン・イェダムとパク・ジョンウを筆頭に実力派揃い。ダンスも12人全員の群舞が美しい。舞台裏でもいつも楽しそうに練習などに取り組んでいて、応援していて楽しいグループです」(30代女性)

■    7位 EXO 575票

SMエンターテイメント所属。歌、ダンス、ビジュアルすべてそろっており、海外での人気も高く、2018年の平昌冬季オリンピック閉幕式で披露した圧巻のパフォーマンスが記憶に残っている人も多いだろう。メンバーのD.O.は、俳優としても活動。

「他には無い『未知の世界から来た新たなスター』をコンセプトに各メンバーに超能力が設定されており、MVやライブでその超能力を活かした演出があるところが見どころ。そして、何よりファンへの愛が死ぬほど重い」(20代女性)

「D.O.は歌声も演技も素晴らしい。ベッキョン(ベクヒョン)はアイドルの天才、チェンはアイドルグループと思えない程の歌唱力、カイは踊る芸術…。一人ひとりが魅力的な個性に溢れ、メンバーの仲が良く愛に溢れるグループです」(50代女性)

「ドラマ『100日の郎君様』から俳優ド・ギョンスを知り、EXO沼にハマりました。メンバーの歌声、ダンス、仲が良くてワチャワチャ感がたまらなく好き」(40代女性)

■    6位 ENHYPEN 803票

BTSが所属する大手芸能事務所BigHitエンターテイメントと音楽専門チェンネルを運営するCJ ENMが共同で企画した、オーディション番組『I-LAND』を勝ち抜いた7人がデビューした。番組は日韓同時放映されたため、デビュー前から日本でもファンを獲得。レベルの高いパフォーマンスでファン層を拡大している。

「『I-LAND』の番組からのファンです。メンバー7人の息のあったパフォーマンス力は圧巻。これからブレイク間違いなしのK-POP第4世代のルーキーグループです」(40代女性)

「デビューして間もないですが、BTSの弟分でもあり、ダンスに歌にとても上手で今年大活躍すると思います!」(30代女性)

「オーディションが始まった時から目が離せない。少年から成長していく姿がめざましく、母性本能をくすぐるグループ」(40代女性)

■    5位 Stray Kids 831票

NiziUの生みの親、J.Y. Park(パク・ジニョン)率いるJYPエンターテイメント所属。事務所の先輩の「TWICE」の弟分のような存在だ。セルフプロデュースのグループで、メンバーの個性を生かした楽曲やステージも魅力の一つ。

「リーダーであるバンチャンがメンバーを選ぶところから始まるセルフプロデュースによるグループ。音楽は主にプロデュースラインである3RACHAが製作に関わっていています」(19歳以下女性)

「何よりも供給の神。インスタはほぼ毎日更新され、セルカの大量発生でデータ容量が足りなくなる。いつも『ステイ~』(ファン名)と叫んでくれて、寂しくなく、推していてよかったと思わせてくれる最高のグループです!」(80歳上女性)

「『Stray Kids everywhere all around the world』という彼らのシグネチャーワードは、世界中に迷える人がいても、その悩みや辛さを抱える人たち全てにStray Kidsは寄り添い共に歩むという意味が込められている」(20代女性)

■    4位 NCT(127、DREAMなどすべて含む) 1028票

SMエンターテイメント所属。計23人のメンバーは派生ユニットがいくつかあり、構成が複雑だが、どのメンバーもSMらしい高いビジュアルと歌とダンスのスキルを併せ持つ。そのためMVの完成度の高さは秀逸。多国籍で、日本人メンバーも2人。中国をはじめとするアジア、欧米圏でもファンを獲得している。

「23人がレベルの高いパフォーマンスを一心同体となって披露している姿や、言語の壁を超えて楽しく過ごしている姿を見ると、『世界平和ってこういうことなのかな』と感じる。それぞれのグループの良さと垣根を越えたユニットがあることも贅沢であり最高です」(19歳以下女性)

「SMが世界中駆けずり回って集めたというだけあって、美男子しかいない脅威のグループ。新たな組み合わせのユニットを見られるところも、他のグループにはない強み。なんでもありのグループゆえ、何が出てくるか全くわからないところが飽きない」(30代女性)

「メンバーのユウタは日本人男性タレントの中でインスタフォロワー数第一位を誇る。新メンバーのショウタロウも注目度ダントツです」(20代女性)

■    3位 SHINee 1495票

東京ドームを埋めた実績を持つ人気と実力を併せ持つグループ。2017年12月にメンバーのジョンヒョンが急逝するという不幸なできごとがあったが、メンバー同士の結束が固く、ファンとの絆を大切にするグループとして知られる。最年少のテミン以外のメンバーの兵役を終えて、2月に2年半ぶりに「完全体」でカムバックした。

「他のK-POPとは違うカラー。以前よく聴いていた80~90年代洋楽のテイストを感じた。全く違う個性のメンバーがグループでまとまった時のシナジー効果。パフォーマンスの格好良さ、トークの時のわちゃわちゃした可愛さとのギャップ萌え(笑)」(50代女性)

「ベテランの域に入っているのに、フレッシュな雰囲気。あざとさが無い。パフォーマンスと語学の向上に計り知れない努力を注いでいる。悲しい出来事があったけど、よりファンとの絆が強まり、彼らからファンは離れないと思う」(50代女性)

「ライブでの全力のパフォーマンスから生まれる没入感は他の何にも変えられません。SHINeeはメンバー全員が日本語の勉強や歌詞の発音に力を入れていて、常に日本のファンと直接コミュニケーションを取ろうとしてくれて感動します」(20代女性)

■    2位 東方神起 2732票

今日までのK-POPブームをけん引してきた存在。兵役で一時活動休止しても、活動再開までファンは離れなかった。歌とダンスのレベルが高いはもちろんのこと、ステージ構成やそれを成し遂げる能力もすばらしく、「ファンでなくても一度はライブをみてほしい。損はさせません」(50代女性)という声が多い。

「まさにステージキング。ユンホのパフォーマンスは、指の先まで美しくしなやかで、チャンミンのハイトーンボイスは神の域です。トップを走り続けていながらも、謙虚さを忘れないファン思いの2人は、私たちの誇りです」(50代女性)

「デビューから18年。ずっと進化し続ける2人。大人の魅力たっぷりな東方神起のこれからが楽しみで仕方ないです」(50代女性)

「色んな新人が出てきて浮気しても、結局ここに戻ってくるという絶対的存在感」(40代女性)

■    1位 2PM 3018票

1位に輝いたのは、JYP所属の別名「野獣アイドル」。ステージ映えする鍛えた体のパワフルなパフォーマンスが魅力だが、会場の盛り上げ方も抜群にうまい。最近はメンバーの俳優としての活躍も目覚ましく、Netflixのドラマ「ヴィンチェンツォ」にテギョンが出演中。ドラマを入り口に「沼」にハマるファンも多いようだ。

「高身長と鍛え上げられたマッチョな見た目とは反対の、子供のような人懐こさと愛らしさが溢れる6人組」(50代女性)

「バラエティセンスもあり、コンサートのMCは通訳無しの日本語で笑いをとります。しかもコンサートは会場ごとにトーク内容までちゃんと変えます」(30代女性)

「妻と娘のお供でライブに何度か行きました。グループが部活の仲間のようで、和気あいあいとし、歌もダンスもうまくて、とてもいいグループ。兵役でどうなるかと思ったが、これからも一緒に楽しませてもらいます」(60代男性)

「俳優組4人の活躍がよく話題になるが、寝る間も惜しんで2PMのメイン曲を細部までこだわって作る職人のような2人がいる。互いに刺激しあい、全員が作詞作曲してソロコンサートが出来るグループに成長したのが嬉しい」(60代女性)

あなたの推しは何位にランクインしただろうか。最後にK-POPに詳しい“識者”にアンケート結果を分析してもらった。

『推しがいなくなっても、ぼくはずっと現場(ここ)にいる―誰も語らなかったアイドルヲタクのリアル―』などの著書がある、あくにゃん(阿久津愼太郎)さんは、次のように見ている。

「日本では、国内でK-POPが一番盛り上がっていた時からのファンの影響が大きい。韓国だったら若手グループが上位を占めたでしょう。2PMや、東方神起、SHINeeが上位に入っている理由は、ファン同士のつながりで『投票』を呼びかけやすい環境がすでに整っている点も大きいのかなと思います」

K-POPアーティストのダンスを解説するYouTubeチャンネル「ARATA DANCE SCHOOL」を運営するARATAさんも同様の意見だ。

「東方神起や2PMは、K-POPが日本で活躍する基盤を築き上げたグループ。それを見守り続けてきた安定感のあるファンが投票を通じで応援を送った結果だと思います」

1位を獲得した2PMは韓国でも再注目されているという。

「男性から見てもかっこいいを突き詰めたのが2PM。韓国でも2PMの人気がまた出てきています。アイドルは中性的な男性が多いなか、2PMは汗光る肉体を強みにしており、改めて惹かれる人が増えているようです」(ARATAさん)

>>【K-POPアンケート結果(2):世界を目指すならK-POPが常識?デビュー前に渋谷109を飾る大型新人も 次世代人気ランキング】へ続く

>>【K-POPアンケート結果(3):再生回数が異常!K-POPブームを引っ張る日本人メンバーのダンスとは? アンケートに1万3243件の声】へ続く

(AERAdot.編集部 岩下明日香)

岩下明日香

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加