浜崎未来が単独首位通過 “ルーキー”は6人ファイナル進出【JLPGAファーストQT B地区】

浜崎未来が単独首位通過 “ルーキー”は6人ファイナル進出【JLPGAファーストQT B地区】

  • ゴルフ情報ALBA.Net
  • 更新日:2022/11/25
No image

単独首位でファーストQTを突破した浜崎未来(写真は樋口久子 三菱電機レディス)|撮影:GettyImages

<JLPGAファーストQT B地区 最終日◇25日◇裾野カンツリー倶楽部(静岡県)◇6388ヤード・パー72>

来季の出場権がかかる国内女子ツアー(JLPGA)のQTは、全3地区におけるファーストステージが終了した。静岡県のB地区では、上位20人がQTファイナルステージへ進出を決めた。

ファン急増中! 山田彩歩の特選フォト集【写真】

トータル7アンダー・単独首位通過を決めたのは、プラチナ世代の浜崎未来。トータル5アンダー・2位に辻梨恵が入った。

今年のプロテストに合格した“ルーキー”では、小暮千広、荒川怜郁、鶴瀬華月、森彩乃、パナラット・サナポルブーンヤラス(タイ)、千葉華の6人がファーストを突破。そのほか、橋添穂、山田彩歩、吉田弓美子、原江里菜、服部真夕らもファイナルにコマを進めた。

レギュラーツアー通算2勝の堀奈津佳はトータル5オーバー・35位で突破ならず。同5勝のベテラン・表純子もトータル8オーバー・43位に終わり、ファースト敗退となった。

ファイナルステージは11月29日から4日間の日程で行われる。そこでの結果によって、来季ツアーの出場優先順位が決まる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加