注目される! 5日間の速さ「横須賀港⇒中国太倉港」を可能にした、東京九州フェリー

注目される! 5日間の速さ「横須賀港⇒中国太倉港」を可能にした、東京九州フェリー

  • Global news asia
  • 更新日:2021/11/25
No image

「はまゆう」から撮影した「それいゆ」(2021年11月)

No image

「はまゆう」波で揺れる露天風呂

No image

「はまゆう」共有スペース

2021年11月、22年ぶりの新航路として開設した横須賀ー新門司のフェリーを利用し、SDGsにも対応した小口混載サービス「横須賀港⇒中国太倉港」(新門司・下関で積み替え)が注目されている。SHKライングループのマリネックス小口混載サービスだ。

新型コロナ感染拡大時に航空便が減少し、航空貨物が大幅に遅延した事があったが、複数の流通ルートが出来たことで安心感が広まっている。

東京九州フェリーが運航する「横須賀ー新門司」は、深夜出発の翌日夜着の約21時間の船旅。新造船で、露天風呂が魅力。「はまゆう」新井知大パーサーによると「スクリーンルームにはフェリーとしては、世界で初めてプラネタリウムを搭載。バーベキューなども人気になっている」という。

レストラン営業時間外の空腹対策として、4階にカップヌードル自販機が置かれている。隣には浄水器に接続された給湯器も完備。クラブツーリズムなどからは、この船をプランに組み込んだツアーも発売されている。

ツーリストS以上の客室にはテレビも置かれており、BS放送を見ることができる。WiFiは陸地から遠く離れた場合は利用できなくなるのが一番の難点だ。

編集:af

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加