かまいたち山内「腱がバッサリ切れてた」2月に肩の手術明かす

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/01/14

お笑いコンビ「かまいたち」の山内健司が12日、フジテレビ系「華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!」に出演。右肩の腱が切れており、2月に手術をすることを明かした。

山内は3年前に「ある(テレビ)番組で」転んで、肩を強打し、「ずっと(右肩が)痛くて…」と告白。さまざまな病院で診てもらったが、異常なしと言われ続けたという。そこで、ボクシングの元世界3階級王者・長谷川穂積氏に「ボクサーが行く方の病院、日本トップの」を紹介してもらい、検査。すると「肩の腱が切れてたんです」と分かったという。

突然の告白に相方の濱家隆一は「えー、初耳やな」と驚き。山内は「2月に肩の手術しようと思って、勝手に3日オフをとりました」と明かし、スタジオには驚きの声があがった。山内は「(濱家に)言うと『この(大事な)時期に?』とかなるから、勝手にオフとろうと思って」とさらり。「(お医者さんは)肩を覆ってる(部位の)腱がバッサリ切れてます、と」と診断されたことを顔色ひとつ変えずに明かし、スタジオには驚きと爆笑が起こっていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加