阪神川相臨時コーチ守備改革「かっこいい大賞」締め

阪神川相臨時コーチ守備改革「かっこいい大賞」締め

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/22
No image

川相臨時コーチ(上)はゴロ捕する佐藤輝(左)ら内野陣を見つめる(撮影・上山淳一)

汚名返上の時を信じる。阪神川相昌弘臨時コーチ(56)が22日、1軍キャンプ初日から3週間超に及んだ指導期間を終えた。3年連続12球団ワースト失策の守備力改善を任され、早出から個別メニューまで内野陣の基礎練習反復を徹底した。

◇    ◇    ◇

最後の「熱血川相塾」を終えた午後5時過ぎ。塾長は思い出深いサブグラウンドで生徒たちと記念撮影に収まった。糸原も大山も北條も皆、笑顔。「最初は一方的に練習内容とかを伝えていたけど、選手から疑問や質問が来るようになった。選手のやろうとする姿勢、変化はすごく感じました」。指導期間の充実が詰まったワンシーンだった。

臨時コーチ最終日。夕方の1時間20分、内野手7人の特守に普段通り付き添った。まずは両膝を地につけてのハンドリング練習を指導。続けて矢野監督と並んで40分間ノックバットを振り続けた。現役時代には遊撃部門でゴールデングラブ賞を6度獲得。「1番大事」と確信する基礎練習の反復をフィナーレに選んだ。

打球へのチャージの仕方に下半身を使った送球のコツに…。動画撮影も続けて技術を伝授する上で、1軍キャンプ全内野手が参加したLINE(ライン)のグループも作成。時には大リーグ屈指の名遊撃手だったオジー・スミスのハンドリング練習動画も紹介した。

「練習を積み上げないといけない。そこを自覚しないことには進歩はない」。継続を求め、ナインの意識改革に納得。昨季まで3年連続12球団ワースト失策の守備力に「良くなると信じています」と強調した。

選手としても指導者としても宿敵巨人で長年活躍。読売新聞スポーツアドバイザーでもありながら守備技術、そしてバント技術を惜しみなく伝えた。その懐の深さと影響力に、矢野監督は「もう、めちゃくちゃデカい。来てもらえて本当に良かった」と最敬礼だ。

指揮官はこの日の「かっこいい大賞」を問われると「川相さんやろ」と即答した。誰もが効果を実感した指導を無にする訳にはいかない。虎戦士たちは今後、名手の教えを体に染みこませる作業に移る。守備力改善を実現させ、秋には塾長に美酒を浴びせたいところだ。【佐井陽介】

▽阪神木浪(川相臨時コーチの指導について)「収穫はたくさんありました。それを継続してやることが恩返しだと思う。自分がうまくなるために継続することが大事。基礎が本当に大事だなと思った。そこをしっかりやれば、もっとうまくなれると思いました」

▽阪神中野(川相臨時コーチの指導について)「川相さんに教えていただいて、それを反復練習することによって自分の中で守備の感覚が変わってきたと思う。非常にいい勉強になった。(今後も)分からないことがあれば連絡を取って聞いていければと思います」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加