NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ

一問一答 堂安律、久保建英に感謝「二人で引っ張っていこうと話はしていた」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/07/22

東京五輪・サッカー男子1次リーグA組 日本-南アフリカ(22日、味の素スタジアム)原則24歳以下で争われるサッカー男子の日本は、1次リーグA組第1戦で南アフリカと対戦し、1-0で勝利した。後半26分、トップ下で先発したMF久保建英(20)=レアル・マドリード=が値千金のゴールを決め、勝ち点3に貢献した。日本は25日にメキシコ、28日にフランスと対戦する。

試合後、MF堂安律(23)=PSV=が応じたインタビューの一問一答は以下の通り。

--初戦を勝利で終えた今の気持ちは

「初戦、難しい形になりましたけど、何とか勝ち点3を取れてよかったですし、いい雰囲気で2戦目を迎えられるかなと思います」

--MF久保が値千金のゴール。隣で見ていてどうだった

「二人で引っ張っていこうという話はしていたので、彼が決めてくれて、チームを助けてくれて感謝しています」

--南アの粘り強い守備に対してどう感じながらプレーしていた

「彼らも勝負にこだわる気持ちというのは、海外特有のメンタリティーを感じました。僕たちはまだまだ技術を上げていかないと崩していくのは難しいなと思いました」

--得点が入らない焦りはなかったか

「ハーフタイムからチーム全員で焦れるなという声はかけていたので、問題なく最後まで焦れずに攻撃できたので、あまり焦りはなかったです」

--今後に向けて

「まだまだ始まったばかりですけどすごく短期決戦だと思うので、ここから勢いに乗って、チームに貢献できるように頑張りたいと思います」

試合結果へ試合日程へ五輪代表メンバーへ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加