阪神・矢野監督 11戦連続セーブの守護神に最敬礼「スアちゃん頼りというか」

阪神・矢野監督 11戦連続セーブの守護神に最敬礼「スアちゃん頼りというか」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/11
No image

勝利を喜ぶスアレス(中央)ら阪神ナイン(撮影・飯室逸平)

「楽天2-3阪神」(11日、楽天生命パーク宮城)

阪神の守護神スアレスが11試合連続セーブをマークし、藤川が08年の開幕から樹立した球団記録に並んだ。3-2の九回に登板。岡島、茂木、銀次をあっさり料理し「11試合のことは知らなかったけれど、それだけチームがいい戦いができていてセーブを挙げる機会が多くあるということだと思う」とチームへの感謝を口にした。

矢野監督は無双状態の守護神に最敬礼だ。

「もうホントにスアちゃん頼みというか、何とかスアちゃんにつなぐことを考えているし。逆に昨日みたいに3点ある方がスアちゃんにとっては難しい。連投になったけど、完璧な投球をしてくれたんで、まあ、明日からも…。あんまりスアちゃんばっかりとはいかないんだけど、何とか明日は打線が打ってくれるといいけどね」

11日の試合でも登板となれば3連投となるだけに、指揮官は打線の爆発を願っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加