花紡ぐ、庇護ノ神 【第13話1】 世羅

花紡ぐ、庇護ノ神 【第13話1】 世羅

  • pixivコミック
  • 更新日:2022/11/25
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image

目には見えぬもの魑魅魍魎の住まう「幽世」、人間の住まう「現世」、そして、地の底「虚世」…神や物の怪の国「幽世」に佇む美しい大木「御霊神樹」。神樹の護り手である庇護ノ神・世羅(せら)は、ある出来事によって現世に散らばってしまった神樹の種を集めるため神樹の護り手である庇護ノ神・世羅は現世に降り、旅をしていた。旅の先々で見聞きする奇妙な噂話。そこで神と遣いが触れるのは、憂い、追憶、願い──…さまざまな人間と神々が抱いた感情たち。美しく切ない奇譚集。

丹野いち子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加