J1浦和に罵声とブーイング リーグ3試合連続無得点で5試合連続ドロー

J1浦和に罵声とブーイング リーグ3試合連続無得点で5試合連続ドロー

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/05/13
No image

後半、競り合う浦和・モーベルグ(左)と広島・満田

「明治安田生命J1、浦和0-0広島」(13日、埼玉スタジアム)

またしても0-0で浦和のJ1通算450勝はお預けとなった。

浦和は前半からチャンスを作っていた。埼玉スタジアムデビュー戦となったFWアレックス・シャルクが同10分にはキレのあるドリブルから左足でミドルシュート。同14分には敵陣の中央左からDF馬渡和彰がフリーキックで直接ゴールネットを揺らした。ただ、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入によりゴール前でDF岩波拓也がオフサイドの判定を受けてゴールは取り消しとなった。

前半を0-0で折り返した。後半10分には中央付近でシャルクのリスタートからMF関根貴大につなぎ、最後はゴール前でMFダヴィド・モーベルグが左足を振り抜いたが、相手GK大迫敬介の好セーブに阻まれた。

アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグで右第4指基節骨を骨折し、手術を受けたFWキャスパー・ユンカーはベンチ入り。同15分から途中出場し、同32分には決定機を迎えたが、またしても相手GK大迫に止められた。

ACL1次リーグでは6試合で20得点以上を奪って首位通過。だが、リーグでは3試合連続無得点で5試合連続引き分け。得点力不足が大きな課題となっている。試合後には声の出せないはずのスタジアムだったが、浦和サポーターからブーイングや罵声が飛び続けた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加