迷宮の主となる者は?「ダンジョン飯」物語がクライマックスに向かう11巻

迷宮の主となる者は?「ダンジョン飯」物語がクライマックスに向かう11巻

  • コミックナタリー
  • 更新日:2021/09/15

九井諒子「ダンジョン飯」11巻が、本日9月15日に発売された。

No image

「ダンジョン飯」11巻

すべての画像を見る(全4件)

同作はハルタ(KADOKAWA)で連載中の“腹減りダンジョンファンタジー”。11巻では、伝説級のドラゴンを大量に召喚した迷宮の主・シスルに対して、ライオスがありとあらゆる魔物の知識を総動員しながら最後の戦いに挑む。一方、悪魔を封印せんとするエルフのカナリア隊が、ライオスたちのすぐそばまで迫っていて……。帯には「物語はクライマックスへ──!」と記されている。

なお本日発売のハルタVol.87では、11巻の続きとなる第77話を掲載。一部書店ではハルタVol.87の購入特典として「ダンジョン飯」のデザインのミニ下敷きを用意している。配布書店のリストはハルタの公式サイトにて確認を。

コミックナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加