関脇・豊昇龍、若隆景の態度にブチギレ? 取組後も道具に八つ当たり、立ち合いでの表情が物議

関脇・豊昇龍、若隆景の態度にブチギレ? 取組後も道具に八つ当たり、立ち合いでの表情が物議

  • リアルライブ
  • 更新日:2022/09/22
No image

画像はイメージです

21日に行われた大相撲9月場所11日目。今場所6敗目を喫した関脇・豊昇龍の取組前の表情がネット上で話題となっている。

前日まで「5勝5敗」の豊昇龍はこの日、「7勝3敗」の関脇・若隆景と対戦。前日まで7連勝の若隆景にとっては勝ち越しがかかる一番だったが、気合いが入り過ぎたのか立ち合いで早く立ってしまい、行司から待ったをかけられた。

豊昇龍側の仕切り線付近まで踏み込んでいた若隆景は、ブレーキをかけつつ豊昇龍の肩を両手でポンとたたいた後、「ごめん」と言わんばかりに右手で軽く手刀を切る。続けて、正面土俵下の勝負審判にも頭を下げて自身の仕切り線まで戻った。

ただ、豊昇龍はこの若隆景のつっかけが気に食わなかったのか、首をわずかに左方向に傾けながら厳しい表情で若隆景を凝視。NHK中継の実況も表情の変化を感じ取ったのか、「厳しい表情に変わっています、豊昇龍」と伝えた。

>>大関・貴景勝戦、敗れた力士が土俵下で逆ギレ? 花道取材も拒否の真相は 取組直後の表情が物議<<

この豊昇龍の表情を受け、ネット上には「豊昇龍の表情凄い険しいな、眉間にしわ寄り過ぎだろ」、「若隆景のことめちゃくちゃ睨んでるな…内心ブチギレてないか」、「見てる感じ若隆景に悪意はなさそうだったけど、豊昇龍はわざとって思ったのか?」といった驚きの声が寄せられた。

「相撲の取組ではお互い呼吸が合わず立ち合いが不成立となること自体は珍しくありませんが、相手に揺さぶりをかける意味でわざと先に立ったり、立った勢いのまま相手を不必要に押したりといったグレーな戦法を繰り出す力士がまれにいます。今回の若隆景は先に立ったもののすぐに止まり謝罪の意も示していたのですが、豊昇龍側から故意と捉えられてしまった可能性もゼロではないのでは。他の力士なら気に留めなかったのかもしれませんが、豊昇龍は元々気性が荒い面がありますので…」(相撲ライター)

この後2度目の立ち合いは成立したものの、若隆景に当たり負けあっという間に押し出された豊昇龍。取組後も一礼を行う際にさがり(まわしに挟み込むひも状の装飾品)を力任せに引き抜くなどいら立った様子を見せていた。

文 / 柴田雅人

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加