ソフトバンク、日本S新記録の9連勝 千賀7回0封の快投&栗原3安打4打点!

ソフトバンク、日本S新記録の9連勝 千賀7回0封の快投&栗原3安打4打点!

  • ベースボールキング
  • 更新日:2020/11/21
No image

2回に先制2ランを放つソフトバンク・栗原=京セラドーム

SMBC日本シリーズ2020・第1戦
● 巨人 1 - 5 ソフトバンク ○
<11月21日・京セラD大阪>

パ・リーグを3年ぶりに制したソフトバンクが、セ・リーグを連覇した巨人との日本シリーズ第1戦に快勝。球団記録を更新となる日本シリーズ4連覇へ好スタートを切った。

ソフトバンクは2回、5番・栗原が右越え2ランを放ち先制。巨人のエース・菅野から日本シリーズ初本塁打をマークした背番号31は、「打ったのはスライダーです。めちゃくちゃ緊張していました。ファーストストライクから思い切って打ちにいこうと思っていましたし、チームも先制できてよかったです」とコメントした。

栗原は4回の第2打席も右翼線突破の二塁打を放ちチャンスメイク。続くデスパイネの左前打で本塁生還を狙ったが、ここは左翼・ウィーラーの好返球で本塁タッチアウトとなった。6回の第3打席は二死一、三塁の好機で三たび菅野と対峙し、左中間突破の2点適時二塁打を放ち計4打点。「しっかり集中して打ちにいけました」と菅野からの3打席連続長打を振り返った。

8回には1番・周東が四球と盗塁でチャンスメイクし、2番・中村晃の左前適時打で5点目。先制、中押し、ダメ押しと理想的に加点した。

先発の千賀は最速159キロの真っ直ぐを軸に巨人打線を制圧。4回は先頭からの連続四球で無死一、二塁としたが、5番・丸を遊ゴロ併殺に仕留めピンチを脱した。中盤以降も要所を締め、7回118球、3安打6奪三振無失点の快投。9回に守護神の森が1点を失い完封勝利とはならなかったが必勝リレーで試合を締めた。

快勝発進のソフトバンクは、広島に勝利した2018年の第3戦から、これで日本シリーズ新記録の9連勝。ポストシーズンでも楽天に勝利した昨年のCSファーストステージ第2戦から怒涛の13連勝とした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加