撮影中のカメラマンの目の前でも...道路凍結でスリップ事故多発・交通機関に大きな乱れ【長崎】

撮影中のカメラマンの目の前でも...道路凍結でスリップ事故多発・交通機関に大きな乱れ【長崎】

  • NBC長崎放送
  • 更新日:2023/01/25

記録的な寒波が市民生活に大きな影響を与えました。
今シーズン一番の強い寒気の影響で、25日県内は、各地で雪が積もり“路面凍結”による事故などが相次ぎました。

【写真を見る】撮影中のカメラマンの目の前でも…道路凍結でスリップ事故多発・交通機関に大きな乱れ【長崎】

スリップするタイヤから飛び散る火花。
チェーンと路面の摩擦で発生したものとみられます。

10年に一度といわれる寒波の影響で、長崎県内では──
・長崎市で5センチ
・雲仙岳で3センチ
・五島市三井楽で1センチの積雪を観測。

各地で積雪や路面凍結などが原因とみられる交通事故が相次ぎました。

運転手:
「5時間ぐらい前にぶつかってJAF呼んで今来た。曲がる瞬間に(車が)横になってそのまま歩道に乗り上げた」
Qハンドルは利かなかった?
「全然利かなくてそのまま滑ったみたいな感じ」

スリップ事故は、別の場所を取材中のカメラの前でも…

(衝突音)

県警によりますと、雪が原因とみられる事故は25日朝9時までの24時間で468件発生したということです。

一方、最大200台ほどの車両が雪のため身動きが取れない状況になった諫早市多良見町の国道207号では18台、飯盛町の県道でも25台の車両が放置されていたため、県は緊急車両の通行の妨げになるとして、放置車両を路肩などへ移動させる措置をとりました。

早田 紀子アナウンサー:
「路線バスが止まっている影響もあるのか、こちら始発の赤迫電停には多くの人が電車を待っている状態です」

雪は交通機関にも影響を与えました。
長崎市では路線バスが始発から全線で一時運行を見合わせていたこともあり、通常運行していた“路面電車”の電停には朝から長蛇の列ができました。

赤迫電停で電車を待つ人:
「本当はバスで来るんですけど、ここまで歩いてきました。1時間半くらい(かかりました)」

(青果店)とれとれ旬や 新大工店 下田 奈々 店長:
「交通機関が思うようになってないという部分もあるのと、きのうのうちから収穫ができてない方もいらっしゃるので、生産者の方も。それで野菜が届いていない」

永田 瑞樹 記者:
「長崎市内の公園です。こちらの水道ですが、蛇口を回しても水が出てきません」

長崎県内では26日の朝も氷点下の冷え込みが予想されていて、気象台は積雪や路面凍結による交通障害、水道管の凍結にひきつづき注意するよう呼びかけています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加