DeNA・戸柱、6年目で初の2打席連発「なんとかしたいと思った」

DeNA・戸柱、6年目で初の2打席連発「なんとかしたいと思った」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/05/02

(セ・リーグ、DeNA-ヤクルト、9回戦、2日、横浜)DeNA・戸柱恭孝捕手(31)が同点の三回に右翼席へ、プロ6年目で自身初の2打席連発となる勝ち越しの3号3ランを放った。

「自分の打席でなんとかしたいと思い打席に向かった。しっかりと捉えることができて良かった」

同点に追いついた三回、なお無死二、三塁で代わったばかりの2番手・梅野の変化球を右翼席まで運んだ。二回にも先発・小川から右翼席へ2号ソロを放っており、1試合2本塁打も自身初のできごとだった。

No image

2回 本塁打を放ちダイヤモンドを回るDeNA・戸柱=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加