【天気痛予報】沖縄は台風6号による影響 離れている地域も注意を

【天気痛予報】沖縄は台風6号による影響 離れている地域も注意を

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2021/07/20
No image

2021/07/20 12:30 ウェザーニュース

天気痛とは、気圧や湿度・気温などの変化に影響されて起こる不調や痛みです。

今日20日(火)は台風6号が接近する沖縄の天気痛のランクで「注意」となっています。また、台風からは離れた地域にも影響があり、大阪など西日本では「やや注意」となっているところもあります。

また、週末かけては広く「注意」や「警戒」となるところもある予想のため、頭痛やめまいなど天気による影響を受けやすい方は早めに対策をしておきましょう。

台風6号の動向に注意

No image

台風予想進路図 20日(火)9時現在

台風6号は西寄りに進みながら、今後発達して「強い」勢力となる見込みです。

明日21日(水)の朝には沖縄本島に最接近し、その後、先島諸島も雨や風が強まり、動きが遅いため荒天が長引くおそれがあります。

一方で、台風から離れた本州などでは30℃を超える真夏日となる厳しい暑さの日が続くため、熱中症への対策も欠かせません。

各地で梅雨明けし、本格的な台風シーズンとなる時期、天気痛の発症リスクが高くなる傾向がありますので、体調管理に気をつけてください。

天気痛予報を参考に事前の対策を

毎日決まった時間に起こる「大気潮汐」と呼ばれる気圧変化の変動が大きくなることに加え、天気によっても晴れた日と雨の日などにより、一日の中でも天気や気温、湿度の変化が大きくなるので身体への負担がかかります。

ご自身の体調変化などのパターンと照らし合わせて、天気痛が発症する前に予防薬やマッサージなどで対策をしてみてください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加