【地方競馬】緊急事態宣言を受け笠松競馬は当面の間、無観客に

【地方競馬】緊急事態宣言を受け笠松競馬は当面の間、無観客に

  • netkeiba.com
  • 更新日:2021/01/13
No image

笠松競馬場(撮影:高橋正和)

笠松けいばは13日、岐阜県を対象地域として政府の緊急事態宣言が発令されたことを受け、これまでの取り組みに加え、14日から以下の対応を行うと発表した。

【競馬開催について】
第17回競馬(1月19日〜22日)より当面の間、無観客での開催となる。勝馬投票券の購入は、電話・インターネットおよび全国の再開している場外発売所からとなる。

【他場の勝馬投票券発売について】
1月14日より当面の間、笠松競馬場およびシアター恵那での地方競馬および中央競馬(JRA)の勝馬投票券の発売を休止する。

【勝馬投票券の払戻について】
以下のとおり、払戻専用窓口を開設する。なお、滞在は不可。

・開設場所
笠松競馬場、シアター恵那

・開設期間
1月14日〜1月24日

・開設時間
午前10時〜午後4時

【表彰式について】
当面の間、重賞競走の表彰式を行わない。なお、口取り写真撮影および勝利騎手インタビューは実施。

【協賛レースについて】
当面の間、新規の受付を停止する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加