30年以上前のPC-88実機でFF7リメイクの名シーンを再現するとこんな感じ

30年以上前のPC-88実機でFF7リメイクの名シーンを再現するとこんな感じ

  • GIGAZINE
  • 更新日:2020/06/30
No image

1997年に発売されたスクウェアのRPG「ファイナルファンタジーVII」を現代の技術でリメイクした「ファイナルファンタジーVII リメイク(FF7R)」が2020年4月に発売され、全世界で350万本を超える売上を記録しました。そんなFF7Rの「主人公・クラウドとヒロイン・エアリスの出会い」という名シーンをなんと30年以上前に販売されていたPC-8800シリーズの実機で再現した映像を、蕎麦Pさんが公開しています。

PC88実機でFF7Rのデモシーンを作ってみた - ニコニコ動画

PC88実機でFF7Rのデモシーンを作ってみた

PCのスイッチを入れてフロッピーディスクを挿入。なお、デモで使われているマシンは1986年に発売されたPC-8801MH。NECの8ビットプロセッサ・μPD70008AC-8と128KBのRAM、VRAM48KBを搭載したPC-8801MHは、FM音源3音+SSG音源3音のサウンド、640×200ピクセル(512色中8色)の表示が可能で、当時の価格は20万8000円でした。

No image

起動すると、カタカタとドライブの読み取り音が部屋に鳴り響きます。

No image

デモシーンがスタート。画面下部にセリフが表示され……

No image

まぶたを開くと女の子の顔が見える演出が、アニメーションで表示されます。

No image

エアリスが登場。胸元からのぞく谷間が描かれており、FF7R本家よりも色っぽさが増している印象。

No image

ぼんやりと背景が浮かんできて……

No image

教会の内装もしっかり表示されました。

No image

エアリスがまばたきするところもアニメーションで再現されています。

No image

クラウドとの会話が終わり、タイトルロゴが浮かんできます。

No image

段階的に消えていくエアリスと背景

No image

タイトルロゴがばっちり表示されました。

No image

そして、タイトルロゴも消えていきます。

No image

ムービーには、実機でのプレイと合わせて、PC-88シリーズのエミュレーターであるM88を使って再現した様子も収録されており、発色を見比べたり、音の違いを聞き比べたりすることができます。

No image

なお、蕎麦PさんはTwitterにも同様のムービーを投稿していますが、こちらはPC88-MHよりもやや低価格なPC-88FHで再現しているとのことでした。

「FINAL FANTASY VII」88版の夢を見たのw #エアリス #FF7R pic.twitter.com/dUve6txWuN
— 蕎麦P (@sobamix)
June 13, 2020
from Twitter

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加