バーチャル空間の「oVice」、海外VCから18億円を調達‐API連携を強化

バーチャル空間の「oVice」、海外VCから18億円を調達‐API連携を強化

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/09/15
No image

バーチャル空間サービス「oVice(オヴィス)」を提供するoViceは9月15日、Eight Roads Ventures Japanをリード投資家とし、既存株主・新規投資家を引受先とした第三者割当増資によりシリーズAラウンドで18億円を資金調達したと発表した。

oVice、リコー技術実装でリアルとバーチャルのハイブリッド環境構築

同社は今回の資金調達により、海外市場への展開や、アフターコロナを見据えた、出社とテレワークが混在するハイブリッド勤務に対応するための技術開発、他ツールとの連携を強化させる方針。

oViceは2020年2月の会社設立、8月のサービスリリース後、8か月で年間経常収益であるARR1億円を達成させた。その後2021年8月末時点で2.4億円となるなど、異例のスピードで成長している。

エン・ジャパンやリコーをはじめとする大手企業を中心に、2021年8月末までに1200社以上が導入し、スペース発行数も9000件を超えた。今後海外への展開をさらに加速させるとともに、アフターコロナのハイブリッド勤務を見据えた開発を進めていく。

早川竜太

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加