小型シリーズの大本命! 「iPhone 12 mini」の3つの“スゴい”ポイント

小型シリーズの大本命! 「iPhone 12 mini」の3つの“スゴい”ポイント

  • 文春オンライン
  • 更新日:2020/11/20

近年のスマホは画面の大型化がトレンドとなっており、コンパクトかつ軽量なモデルは、減少の一途をたどっています。iPhoneについてもこれは同様で、今春発売された第2世代iPhone SEも、ベースはiPhone 8ということで、片手で持てるかつての初代iPhone SEの使い勝手を求めるニーズには、必ずしも一致していませんでした。

【画像】小型シリーズの大本命!「iPhone 12 mini」の写真をすべて見る

今回新しくiPhoneのラインナップに加わった「iPhone 12 mini」は、そうしたユーザにとって待望の、コンパクト・軽量が特徴のスマホです。初代iPhone SEや、その前のiPhone 5sをメインスマホとして愛用してきた筆者にとっても、もっと早くこのiPhone 12 miniがあれば……と思わずにいられません。

今回は、初代iPhone SEの直系と言えるこのモデルについて、その特徴を見ていきましょう。

No image

「iPhone 12 mini」。重量133g、片手で持つにも手頃な、スマホにコンパクトさと軽さを求めるユーザには待望のモデルです

ここがスゴい1:片手で持ちやすい軽量・小型のスリムボディ

本製品の特徴は、なんといってもそのコンパクトなボディです。第2世代iPhone SE(148g)よりも一回り小さく、重量も133gと、15gも軽量です。「たった15gなんて」と思うかもしれませんが、1割以上もの差は意外に大きく手に持っても違いがはっきりと分かります。

また初代iPhone SEやiPhone 5s以前のデザインに酷似した、側面が垂直に切り落とされたボディにより、片手でも安定して持てます。幅自体もスリムなため、片手で握った状態で、画面の上部や反対側まで指がきちんと届くのも利点です。「そうそう、かつてのスマホはこんなに持ちやすかったんだよ!」と、あらためてコンパクトモデルのよさを実感させてくれます。

ここがスゴい2:小型ボディなのに大画面

コンパクトなボディにもかかわらず、第2世代iPhone SEより画面が大きいのも驚きです。iPhone 12シリーズに共通する全画面デザインにより、第2世代iPhone SEの4.7インチを大きく上回る、5.4インチという画面サイズを実現しています。画面も縦に伸びており、ウェブページの縦スクロールでも、天地の圧迫感を感じることはありません。

また画面は2,340×1,080ドット、解像度は476ppiと、表示性能も文句なしです。1,136×640ドット、解像度は326ppiだった初代iPhone SEからは大幅に向上しており、初代iPhone SEでは何かにつけて感じられた、ディティールの粗さとも無縁です。有機ELディスプレイを採用していることも一因でしょう。

ここがスゴい3:快適操作! ホームボタンのない全画面デザイン

ホームボタンのないデザインの採用により、広い画面と快適な操作性を実現しているのも利点です。ホームボタンは操作のわかりやすさはピカイチですが、あらゆる操作をフリックで行うことに慣れてしまうと、圧力をかけて押し込まなくてはいけないホームボタンは、操作がわずらわしく感じることもあります。

そうした意味で、すべてをタップとフリックで済ませられるインターフェイスは合理的で、テーブルの上に本体を置き、指先だけで操作する場合も苦になりません。古いモデルからの買い替えでホームボタンがないことに慣れない場合も、しばらくすれば使いやすく感じるようになるはずです。ただし指紋認証に対応していない点だけは、いずれ何らかの形での復活に期待したいところです。

性能についてもお墨付きです。iPhone 12シリーズに共通するA14 Bionicチップを搭載するほか、次世代通信規格5Gに対応、さらにWi-Fi 6にも対応するなど、ハイエンドモデルであるiPhone 12 Proと共通の、ハイスペックな仕様を実現しています。スマホを買ったら数年は機種変せずに使うという人にとっても、現時点では最良の選択肢と言えます。

注意ポイント1:カメラの違い

もっとも、上位モデルにあたるiPhone 12 Proと比べると、省略されている機能がないわけではありません。また機能をふんだんに盛り込んだことで、初代iPhone SEのよさが失われている部分もあります。公正を期すために、これらの点もチェックしておきましょう。

まずはカメラです。iPhone 12と同じく超広角+広角レンズのデュアル構成で、画質、さらにナイトモードなど含めた多彩な撮影モードは文句のつけようがないのですが、iPhone 12 Proで定評のある望遠レンズは搭載されていません。どうせならカメラも最高のものを……と考えている人は、ボディサイズが大きくなることを覚悟でiPhone 12 Proを選ぶか、望遠レンズはあきらめて本製品を選ぶか、二者択一となるでしょう。

また、このカメラは初代iPhone SEのようにフラットではなく、背面から飛び出しており、テーブルの上に置くと段差ができてしまいます。保護ケースを装着すれば目立たないよう緩和できますが、なにせボディのコンパクトさが売りのモデルだけに、ケースなしで使おうとする人も多いはず。接触面にキズをつけたりレンズの縁を痛めないよう、気をつけたいところです。

注意ポイント2:ワイヤレス充電

さらに、コンパクトゆえに思わぬデメリットもあります。本製品はQi規格のワイヤレス充電に対応していますが、全長が短いせいか、スタンドタイプのワイヤレス充電器によってはコイルの高さが合わず、乗せても充電が始まらないことがあります。ここは今回のiPhone 12シリーズの登場に合わせて発表された、本体背面にマグネットで吸着して充電が行える「MagSafe」を使ったほうがよさそうです。

「スマホは小型派」ユーザーの大本命

以上のように、このiPhone 12 miniは、第2世代iPhone SEの登場時に「どうせなら初代iPhone SEのデザインのまま、中身を高性能に、かつ全画面にしてくれればいいのに」とユーザが望んだ、まさにその理想といっていい一品です。こうしたコンパクトかつ軽量なモデルが、しばらく終息状態にあったことを考えると、感慨深いものがあります。

iPhoneユーザの中には、片手で持てるコンパクトなボディにこだわるあまり、今日に至るまで初代iPhone SEや、さらにはiPhone 5s以前のモデルを使い続けている人も少なくないでしょう。またiPhone 6/6s/7/8から買い替えようとしたものの、第2世代iPhone SEはスペック的にいまいち食指が動かなかった人もいるはずで、そうした人達にとってこのiPhone 12 miniは、ようやく登場した「本命」といえます。

特に今回発表されたiPhone 12シリーズでも主力にあたるiPhone 12およびiPhone 12 Proは、持った時に意外と大きく感じやすいため、コンパクトで握りやすい本製品は、第一印象も良好です。価格についても、iPhone 12シリーズの中でもっとも安価ということもあり、大ヒットを予感させます。ぜひ店頭で、そのコンパクトさを体感してみてください。

(山口 真弘)

山口 真弘

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加