阪神坂本、宮崎合流初日にマルチ安打「継続して」

阪神坂本、宮崎合流初日にマルチ安打「継続して」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/21
No image

2回に左前打を放ち、一塁ベースに立つ阪神坂本(撮影・只松憲)

<みやざきフェニックス・リーグ:巨人3-6阪神>◇21日◇清武第2球場

阪神坂本誠志郎捕手が宮崎遠征への合流初日からマルチ安打を放った。「6番捕手」でフル出場し、2回と8回に左前へ引っ張った。「いいところもありましたけど悪い内容もあった」。前日20日まで1軍の秋季練習に参加し、さっそく結果を出した。「シーズン後半に良かったこともありますし、継続して試していければ。何がよくて何が悪かったのか。もっと良くなると思う」。実りの秋にする。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加