【全米映画ランキング】「ゴジラvsコング」がコロナ・パンデミック以降最高の興収で首位デビュー

【全米映画ランキング】「ゴジラvsコング」がコロナ・パンデミック以降最高の興収で首位デビュー

  • 映画.com
  • 更新日:2021/04/07
No image

週末3日間で3220万ドル(約35億4000万円)を突破しV (C)2021WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.

イースターを迎えた全米ボックスオフィス。3本の新作が公開された先週は、世界38カ国で先行公開され大ヒットを記録している<モンスター・ヴァース>シリーズの最新作「ゴジラvsコング」が、週末3日間で約3220万ドルを稼ぎ出し、首位デビューを飾った。

北米ではまだ約55%の劇場しか開いていない中、コロナ・パンデミック以降では最高の3000館超で公開された同作。ワーナー・ブラザース配給のため「HBO Max」でのPVODもあったが、公開初日の水曜日に約960万ドル、週末3日間で3220万ドル、公開5日間での北米累計を約4850万ドルをとし、コロナ・パンデミック以降最高のオープニング興収をあげる大ヒットスタートとなった。先行公開されている中国やヨーロッパでも順調に数字を伸ばし、全世界興収は約2億8500万ドルに達している。出演はアレクサンダー・スカルスガルドミリー・ボビー・ブラウンレベッカ・ホール小栗旬カイル・チャンドラーデミアン・ビチル。監督は「サプライズ(2011)」、ハリウッド版「Death Note デスノート」のアダム・ウィンガード

約315万ドルのオープニング興収で2位デビューとなったのは、イギリスのホラー作家ジェームズ・ハーバートの小説「奇跡の聖堂」(早川書房刊)をサム・ライミ製作、ジェフリー・ディーン・モーガン主演で映画化した超自然ホラー「The Unholy」。米ニューイングランド地方の教会で、聾唖者だった少女が不治の病人を治すなどの「奇跡」を起こし世界中で話題になるが、やがて彼女の周囲の人間が次々と怪死していき……という内容。共演にケイリー・エルウィス、ウィリアム・サドラー、クリケット・ブラウン。メガホンをとったのは、「スノーホワイト 氷の王国」「美女と野獣(2017)」の脚本家として知られ、本作が長編監督デビューとなるエバン・スピリオトポウロス

3位は前週首位だったボブ・オデンカーク主演の「Mr.ノーバディ」。先週末は約300万ドルの興収で累計は約1180万ドルに。4位、5位には「ラーヤと龍の王国」「トムとジェリー」が続いた。

6位初登場となったのは、2位の「The Unholy」同様、「奇跡」を起こす少女を描いたイースター合わせのキリスト教ドラマ「The Girl Who Believes in Miracles」。出演は「誘惑のアフロディーテ」のオスカー女優ミラ・ソルビーノに「E.T.」のピーター・コヨーテ、「グレイテスト・ショーマン」「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」の子役オースティン・ジョンソン。

その他10位には、ミシェル・ファイファー主演のコメディドラマ「French Exit」が公開8週目にしてランクイン。ニューヨーク・マンハッタンで夫の遺産を食いつぶして生きる未亡人が、近々破産すると宣告され、息子とともにフランス・パリに移住するが、それでも浪費をし続け……というストーリー。共演にルーカス・ヘッジズイモージェン・プーツイザック・ド・バンコレ

今週末は「レディ・プレイヤー1」のタイ・シェリダンに、リリー=ローズ・デップコリン・ファレル共演のSFスリラー「Voyagers」などが公開となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加