今年から1週間に延長!今日から始まるAmazonブラックフライデー、注目アイテムは?

今年から1週間に延長!今日から始まるAmazonブラックフライデー、注目アイテムは?

  • @DIME
  • 更新日:2021/11/26
No image

2021年11月19日、Amazonは今年のブラックフライデーに関する記者発表会を開催した。今年のテーマは「自分へのご褒美」。セール期間中には、日々の生活を豊かにしてくれる”プチ贅沢”を味わえるさまざま商品が登場するという。期間は11月26日(金)から12月2日(木)までの7日間。もちろん、豪華付録付きのDIME最新号も購入可能!

本稿では、記者発表会の様子と、ブラックフライデー開催の背景についてAmazonのマーケティング責任者に伺った話を紹介したい。

Amazonのブラックフライデー、今年は1週間開催

No image

アマゾンジャパン合同会社 プライム・マーケティング事業統括本部 事業統括本部長 鈴木浩司さん

日本でも目にする機会が増えてきた、ブラックフライデー。Amazonでは2019年からブラックフライデーを開催し、今年で3回目を迎える。毎年お得な価格でさまざまな商品が登場してきたが、コロナ禍での開催となる今年はセール期間を1週間に延長。お得に商品を手にできる機会が増えた。

今年は7割の人が”自分へのご褒美”が欲しいと回答

No image

Amazonは2021年10月に2021年の年末シーズンに関する意識調査を実施。その結果、「自粛など何かしらの我慢を強いられた」と感じた人がおよそ80%を占めていたという。

No image

さらに、2021年に「我慢した」と回答した人のおよそ70%が「自分にご褒美が欲しい」と回答。

No image

そして、Amazonのブラックフライデーでご褒美として買いたいものとしては、「ファッション」「グルメ」「ビューティー」が多いこともわかったという。

外出の機会が増えるこれからを見越し「ファッション」が、おうち時間を充実させるために「グルメ」「ビューティー」のジャンルの需要が高まっているのかもしれない。今回のセールでは、こうした需要を踏まえた商品を多数ラインナップしている。

ちなみに、今年のブラックフライデーのCMには、ANZEN 漫才みやぞんさんが声で出演。本人は映像には登場しないが、CMを見かけたら声に注目してみてほしい。

No image

発表会当日はビデオメッセージで出演。

No image
No image

当日はAmazonの「自分へのご褒美」をテーマにしたWeb動画をプロデュースした水原希子さんも出演し、トークセッションを行った。

No image

Web動画は水原さん公式Instagram「i_am_kiko」、Twitter上で公開されている。

決済方法の変化が、日本の商習慣に影響を与えている

No image

記者発表会の後、同社プライム・マーケティング事業統括本部 事業統括本部長 鈴木浩司さんに、Amazonがブラックフライデーを開始した経緯や、おすすめの商品についてお話を伺った。

――Amazonが2019年にブラックフライデーを開始した背景について教えてください。

鈴木:「Amazonのお客様は我々に何を求めているか」、すべてはそこから始まるんです。今までボーナス商戦として12月に行っていたセールイベントでしたが、実は11月にやった方がお客様に喜ばれるんじゃないか、という仮説が出てきました。それを3年前から試しているところです。幸いにも、過去2回のブラックフライデーはお客様に喜んでいただける結果となりました。

――なぜ11月なのでしょうか?

鈴木:日本では昔から、お正月はご家族で過ごす習慣がありますよね。一方で、商習慣という意味では、少し前から年末へ向けた準備をするのは昔から変わらないのですが、「いつからその準備を始めるか」が変化してきているように感じます。

仮説ですが、これはクレジットカードでの決済が増えてきたことが影響しているのではないかと考えています。12月にボーナスが支給される方は多いと思いますが、クレジットカードで買い物した場合、支払いは1月以降になるのが一般的です。それであれば、「12月にボーナスが入るタイミングで支払いができるし、11月でもいいんじゃない?」という心理的な作用が働いているのかもしれません。我々もまだ「最適なタイミングはいつか」を模索している段階です。

――Amazonのブラックフライデーは、鈴木さんの体感的に定着してきていると感じますか?

鈴木:「定着」という意味では、まだまだじゃないかなと思っています。東京などの大都市に住んでいるお客様は「ブラックフライデー」という言葉を目にする機会は多くなってきているかもしれませんが、地方ではまだそれほどではないと思っています。我々は日本全国にお客様がいますから、そういう意味ではまだ「定着」まではいっていないでしょう。

我々は「お客様がどうしたいのか」「ニーズはどこにあるのか」、そこの理解をまず深めて「じゃあAmazonだったら何ができるか」を考えていきます。我々が「こうしていきたい」というよりは、お客様のニーズに動的に合わせていく。実際、12月から11月にお客様の消費動向が変わってきていますし、我々がそこに合わせていくという姿勢です。

――Amazonのブラックフライデーを通じて、消費者の方にどんな体験を提供したいですか?

鈴木:昨年から様々な面で自粛を強いられてきた中、「とりあえず、この年末だけは贅沢したい」というニーズがあるんじゃないかなと思っています。今までにないような、良い意味でお客様を驚かせ、「Amazonのブラックフライデーで買い物してよかったな」という体験を大切にしていきたいですね。

――@DIME読者の方に、チェックして欲しい商品やサービスはありますか?

鈴木:おうち時間が増えていますから、ブラックフライデーでAmazon EchoFire TV Stickなど、ご自宅を便利にするグッズを揃えるのもおすすめです。あと、ぜひ活用していただきたいのが、自宅で試着ができる「Prime Try Before You Buy」のサービス。「お店まで行くのはちょっと」という時にとても重宝します。子育て世代、ビジネスパーソンから人気の高いサービスです。ぜひAmazonブラックフライデーでも活用してみてください。

No image

――最後に、鈴木さんが今回のセールで個人的に狙っている商品はありますか?

鈴木:やはり、我が家でも”プチ贅沢”系の商品はチェックしますね。例えば、「Amazon.co.jp出品者アワード2021」を受賞された販売事業者様の商品で、伊豆の海底で熟成された南アフリカのワイン「SUBRINA(サブリナ)」は、一度飲んでみたいなと思っています。

また、エリア限定かつAmazonプライム会員向けサービスではありますが、Amazonのネットスーパーである「Amazonフレッシュ」でもブラックフライデーのセールを開催し、生鮮食品などの一部商品を通常よりもさらにお得な価格でご提供します。今年は美味しいお肉や海鮮も買ってみようかなと思っています。きっとお客様も「Amazonってこんなものも売ってたんだ」という気付きもあると思います。ご期待ください!

No image

海底で熟成されたワイン「SABURINA」もセール対象商品の一つ。ボトルには石灰藻やフジツボが付いており、一つずつ違うボトルになっているのも魅力。自分へのご褒美、プチ贅沢にぴったりな商品だ。

Amazonのブラックフライデーをさらに楽しむために

最後に筆者が思う、Amazonブラックフライデーを最大限に楽しむためのポイントを紹介したい。

・数時間おきにセール商品をチェック!

今年のブラックフライデーでは、「特選タイムセール」「数量限定タイムセール」「ビッグサプライズセール」の3つのセールが開催される。数時間ごとに新しい商品が追加されるため、可能な限りAmazonのサイトをチェックしてお得な商品を見つけよう。

・ポイントアップキャンペーンにエントリー

ブラックフライデー開催期間中には、ポイントアップキャンペーンも実施される。キャンペーンページでエントリー後、期間内に合計10,000円(税込)以上の買い物をすると、最大10,000ポイントが還元される。セール対象商品以外での購入も還元対象だ。

・Amazonプライム会員はスタンプラリーもチェック

期間中にAmazonプライムの対象サービスを利用し、スタンプを集めると抽選で10人に1人Amazonポイントが当たる「プライムスタンプラリー」も要チェック。こちらも事前にエントリーを行っておこう。

もちろんDIMEも買える!最新号の特集は「今、聴くべきラジオと音声コンテンツ」、豪華付録「自撮り棒一体型スマホ三脚」付きです!

DIME最新号の特集は「今、聴くべきラジオと音声コンテンツ」。コロナ禍でリスナーが増えているラジオの新しい魅力と楽しみ方、そして、Podcastやオーディオブックをはじめとする様々な音声コンテンツの活用術を余すところなくお届けします。

今回の特集では、人気ラジオ番組のパーソナリティを務めるリリー・フランキー、爆笑問題、尾崎世界観、浦沢直樹、高田純次、小山薫堂、宇賀なつみ、蛙亭が登場。さらに、ニッポン放送「オールナイトニッポン」やTBSラジオ「伊集院光とらじおと」など超人気番組の制作の裏側を徹底取材。さらに、仕事に役立つ、脳に効く、Podcast、オーディオブック、音声SNS、ASMRなどの音声コンテンツを一挙に紹介します!

No image

そして、特別付録は、旅行、デート、飲み会、風景撮影、ライブ配信、テレビ会議に使える便利な「自撮り棒一体型スマホ三脚」です。

No image

伸長自在のポールは何と1メートルまで伸びるので、先端にスマホをセットしたスマホで、写真や動画を、好みのスタイルで撮影することができます。

No image
No image
No image

また、握りやすい手持ちのグリップ部分を広げると三脚になるので、好きな高さに調節すると、風景写真や集合写真などの記念撮影に便利。

No image
No image

短く縮めてデスクに置けば、ビデオ会議やライブ配信にも使えます。もちろん、コンパクトに畳むことができるのでお出かけ用の小さなバッグにもすっぽり収まります。

No image

見頃を迎える紅葉やイルミネーションの撮影や、大切な人たちとの記念撮影に、ぜひご活用ください!

No image

Amazonでの購入はコチラ

https://www.amazon.co.jp/dp/B09KN815JP

取材・文/久我裕紀

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加