ガル・ガドット&クリスティン・ウィグ、撮影裏はベストフレンド『ワンダーウーマン 1984』メイキング

ガル・ガドット&クリスティン・ウィグ、撮影裏はベストフレンド『ワンダーウーマン 1984』メイキング

  • シネマカフェ
  • 更新日:2021/04/07
No image

『ワンダーウーマン 1984』WONDER WOMAN and all related characters and elements are trademarks of and (c) DC. Wonder Woman 1984 (c) 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

もっと画像を見る

1984年を舞台に、世界の崩壊を救うべくワンダーウーマンがゴールドアーマーを身にまとう『ワンダーウーマン 1984』。この度、ガル・ガドットとクリステン・ウィグが撮影裏で仲睦まじくキュートな笑顔を見せるメイキング特別映像が公開された。

この度公開されたのは、メイキングと本編映像、キャスト&監督のインタビューが含まれる特別映像。

ワンダーウーマン(ダイアナ)を演じるガルは劇中とは一転、「クリステンが大好き!」と嬉しそうな様子で話すように、撮影の裏側ではバーバラ役のクリステンと一緒にノリノリで踊ったり、冗談を言って笑いあったり、本当に仲の良い様子が伝わってくる。

クリステンも「ガルは最高の相手役で友人。でもすぐに芝居に入ることもできた。ヴィランとヒーローの闘いのね」と明かしているが、激しいアクションシーンではそれぞれの役柄を真剣に演じ、カメラが止まるとすぐに笑顔になり、素顔をみせる瞬間も収められている。

また、ダイアナの恋人スティーブを演じたクリス・パインは「最高のコンビ!」と表現し、パティ・ジェンキンス監督も「二人の友情をみられてうれしくなっちゃったし、とても楽しかった」と撮影時をふり返っている。

セルのブルーレイ&DVDには、さらにメイキングシーンが収録されているほか、ジェンキンス監督、ガルらによるシーン解説、NG&オフショットなど約95分の映像特典が収められている。

『ワンダーウーマン 1984』はデジタル先行配信中。4月21日(水)よりブルーレイ&DVD発売・レンタル開始。

text:cinemacafe.net

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加