イ・ジュンギ、「アゲイン・マイ・ライフ」で緊張感爆発...12.1%で自己最高視聴率更新

イ・ジュンギ、「アゲイン・マイ・ライフ」で緊張感爆発...12.1%で自己最高視聴率更新

  • WoW!Korea
  • 更新日:2022/05/14
No image

イ・ジュンギ、「アゲイン・マイ・ライフ」で緊張感爆発…12.1%で自己最高視聴率更新 (画像提供:wowkorea)

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

「アゲインマイライフ」が最高視聴率を記録した。

13日に放送されたSBS金土ドラマ「アゲイン・マイ・ライフ」第11話の視聴率は首都圏10.8%、全国10.7%、瞬間最高12.1%を達成した。 自己最高視聴率更新と共に全チャンネル同時間帯1位、金土ドラマ1位を再び固め、1位独走を続けた。 また、2049視聴率では4.5%を記録し、バラエティを含む金曜日の全体プログラムの中で1位を獲得し、堅固な勢いを誇った。 (ニールセンコリア提供)

同日、キム・ヒウ(イ・ジュンギ)はチョ・テソプ(イ・ギョンヨン)、キム・ソクフン(チェ・グァンイル)カルテル撲滅に向けて本格的な動きを見せた。 キム・ヒウは2人が亀裂するのを待っていると、チョ・テソプが野心を爆発させ本性を現した。

キム・ヒウはキム・ゴンヨン会長の死亡後、自分の介入で未来が乱れると、今こそキム・ソクフンを打つ絶好の機会だと判断した。 その間、キム・ヒアは脱税事件で苦労したキム・ゴンヨンが突然死亡し衝撃に陥った。 しかし、キム・ヒウがパク・デホ(ヒョン・ボンシク)を捕まえて、「彼が所有しているグループの持分15%を持ってくる」とし、天下グループを守る方法を提示した。

そんな中、映像の最後にキム・ヒウが大韓民国権力の心臓部であり、チョ・テソプの自宅に入り緊張感を暴走させた。 特にチョ・テソプに「キム・ソクフン検事長を捕まえます」として豪快に話すキム・ヒウの自信に満ちた表情と共にびっくりしたチョ・テソプの表情がエンディングを飾った。

一方、「アゲイン・マイ・ライフ」は今日(14日)夜10時に第12話が韓国で放送される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加