倖田來未、“手取り6万円”デビュー当時の金銭事情を明かす「売れると思って...」

倖田來未、“手取り6万円”デビュー当時の金銭事情を明かす「売れると思って...」

  • E-TALENTBANK
  • 更新日:2021/04/08

4月7日、フジテレビ系『突然ですが占ってもいいですか?』に倖田來未が出演した。

No image

番組では今回、倖田が自身の過去について「2000年の12月にデビューをしてるんですけど、avexに入ったら売れると思ってたんでね」「やっぱりアーティストっていうのは大変だというのを目の当たりにして」と振り返る場面があった。

倖田は続けて、デビュー当時はクラブなどで、自分を目当てにしていない客の前で歌っていたと説明しつつ、収入についても「手取り6万円とか7万円だったんで、携帯代とか払っただけでお金がなくなっちゃうから、いつも会社行ってマネージャーさんにご飯食べさせてもらったりとか」と明かした。

さらに「友達のところ行って『お弁当頼むし、くうも食べる?』って言われるのを待つとか、結構そんな感じでした」と、下積み時代の苦労を語っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加