最新ランキングをチェックしよう
古いヨーロッパの本には、通常では気付かない場所に「絵画」が隠されていた

古いヨーロッパの本には、通常では気付かない場所に「絵画」が隠されていた

  • らばQ
  • 更新日:2017/03/22

17世紀~19世紀のヨーロッパでは、通常では気付かない場所に絵画を隠した本が流行ったそうです。イギリス発祥の「小口絵」“fore-edge paintings ”と呼ばれる、ユニークな装丁技術をご紹介します。[この記事のすべての動画・画像を見る]本をこんな風に両手で持ち……。金箔の塗られた小口を、斜めに少しずつずらすと……。おお、美しい絵が出てきました!こちらの古そうな本も、小口絵になっています。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ネタカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
傷ついた野鳥を保護した男性に告げられた衝撃の事実とは?
出産中の猫を...別のママ猫がギュッと抱きしめて元気づける
「お散歩から帰るの絶対イヤー!」な柴犬モチーフの「拒否犬ストラップ」がカプセルトイに
あばれる君浮気か!?女芸人Yさんに寄り添う様子の写真が流出!私生活があばかれる
メンツ神過ぎ!総理官邸のインスタ「エンタメ性」高すぎると話題に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加