古いヨーロッパの本には、通常では気付かない場所に「絵画」が隠されていた

古いヨーロッパの本には、通常では気付かない場所に「絵画」が隠されていた

  • らばQ
  • 更新日:2017/03/22
No image

17世紀~19世紀のヨーロッパでは、通常では気付かない場所に絵画を隠した本が流行ったそうです。

イギリス発祥の「小口絵」“fore-edge paintings ”と呼ばれる、ユニークな装丁技術をご紹介します。

[この記事のすべての動画・画像を見る]

No image

本をこんな風に両手で持ち……。

No image

金箔の塗られた小口を、斜めに少しずつずらすと……。

No image

おお、美しい絵が出てきました!

No image

こちらの古そうな本も、小口絵になっています。

No image

同じように両手で持ち……。

No image

綺麗な絵が出てきました。

小口絵はイギリスを中心に17~19世紀のヨーロッパで流行ったとのことですが、比較的最近まで存在を知られず、ブリタニカ百科事典にも長らく記載がなかったとのこと。

当時の人々の遊び心がうかがえますね。

(動画1)

Fore-edge Painting - YouTube

(動画2)

Smartly - Hidden paintings in old books. - YouTube

【古いヨーロッパの本には、通常では気付かない場所に「絵画」が隠されていた】を全て見る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ネタカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ドリンクバー」をダンボールを使って作る方法の動画が海外で大人気に!!
7匹の子ハスキーと暮らすってどんな感じ? → 一瞬で笑顔にされる光景が広がっていた...(艸д゚*)!
猫さんに「おはよう」言いに行ったら、もう少し寝かせてと可愛くお願いされた
約20年前アジャ・コングに抱っこされた子 → プロレスラーになって再び抱っこされた画像が感動的と話題
太陽からエネルギーを吸引する超巨大「じょうろ型UFO」出現!  鮮明な映像に「人類はもうダメかもしれない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加