名作『ボディガード』のあの有名なポスター、写っているのはホイットニー・ヒューストンじゃなかった!

名作『ボディガード』のあの有名なポスター、写っているのはホイットニー・ヒューストンじゃなかった!

  • サイゾーウーマン
  • 更新日:2019/06/24
No image

世界的大スターと彼女を守るシークレット・サービスとの恋を描いた映画『ボディガード』(1992)。シークレット・サービス役のケビン・コスナーが、ホイットニー・ヒューストン演じる人気歌手をお姫さま抱っこするシーンは同作のポスターとして使用され、ホイットニーが熱唱する主題歌「オールウェイズ・ラヴ・ユー」と共に、世界中の映画ファンの記憶に深く刻まれている。

ホイットニーの映画デビュー作としても有名な『ボディガード』だが、彼女を主役にプッシュしたのは、製作総指揮も兼任したケビンだった。まだまだ異人種間の恋愛に抵抗がある人が多かった90年代初頭に、黒人スター役は「ホイットニーしかいない」と確信。12年2月に急死したホイットニーの葬儀の弔辞でも、いかに高く彼女を評価し、大切に思っていたかをユーモアを交えながら伝え、ホイットニーに薬物を勧め、家庭内DVを働いていた夫ボビー・ブラウンと比べる人が多かった。

ケビンは、昨年スタートした主演作、西部劇ドラマシリーズ『Yellowstone』が大好評。来月にはシーズン2の放送が開始されるため、プロモーションに忙しい日々を送っている。還暦を越えて“渋メン”となっているケビンが、『ボディガード』のポスターについて衝撃的な事実を明かしたのだ。

現地時間6月21日に公開された米エンタメサイト「エンターテインメント・ウィークリー」のインタビューで、『ボディガード』の印象的なポスターについて、「実はあれ、ホイットニーじゃないんだ。彼女は家に帰ってしまったから、ダブル(替え玉女優)を使ったんだ。オレの肩に顔を埋めさせてね。彼女はおびえている設定だったから、(顔が見えなくても)まったく問題なかったしね」と暴露。

そのシーンをポスターに選んだ理由も「友人である(フォトグラファーの)ベン・グラスが撮影した写真だったから」と言いつつ、「特別なシーンではなかったけど、感情に訴えるいい写真だった」と付け加えた。しかし配給のワーナー・ブラザース側は主演女優の顔が見えない写真をポスターに使うことには消極的で、上層部には反対されたという。そして「ホイットニーが正面を向いている顔を貼り付けた加工画像を5枚も送ってきた」そうで、思わず「そんなのもともとの写真で決まりじゃないか」と言い返したのだとか。

それにしても、なぜホイットニーがいる間にポスターを撮影しなかったのか? 実は彼女は93年に受けたインタビューで、『ボディガード』撮影中にボビーとの子どもを流産していたと告白。「精神的にも身体的にも、とてもキツかった」が「翌日には撮影所に戻り、仕事をした」と、つらい過去を振り返っていた。そのため今回の報道を受けて、「お姫様抱っこのシーンが撮影された時、ホイットニーは流産後の体調不良だったのでは?」といった臆測が飛びかっている。

いまだに多くの人に愛される名作『ボディガード』、今秋にはミュージカル版が日本でも上演される予定だ。このミュージカル版のポスターにも、「シークレット・サービス役の俳優が、スター役の女優をお姫様抱っこしているシーン」が使用されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
7月22日の注目映画第1位は『映画版 ふたりエッチ ~ダブル・ラブ~』
「ガンバの冒険」全26話を網羅する「COMPLETE DVD BOOK」9月26日から発売
『ワイルド・スピード』第9弾、スタントマン事故で撮影中断
84年間、全180作品を読破した男の「芥川賞」論。情報過多の現代のほうが描写量は少なくなっている?
『ワイスピ』ファンも胸熱 主人公・ブライアンの愛車「GT-R」をトミカで完全再現

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加