政府閉鎖は過去最長 壁の費用上回る経済損失に懸念

政府閉鎖は過去最長 壁の費用上回る経済損失に懸念

  • テレ朝news
  • 更新日:2019/01/14
No image

国境の壁を巡る対立によるアメリカの政府機関の一部閉鎖は3週間を超え、史上最長になりました。経済的な損失を懸念する声が広がっています。

トランプ大統領が公約として掲げる国境の壁の予算を巡る対立によって、予算が成立していない政府の一部機関の閉鎖は12日で3週間を超え、過去最長となりました。予算規模で約25%の政府機関が影響を受けていて、全米で80万人の職員が無給のままです。そのうち38万人が自宅待機に、42万人が給与未払いのまま業務を続けています。一部のメディアは政府閉鎖が長期化した場合の経済的な損失はトランプ大統領が求める壁の建設費用57億ドル、日本円で約6000億円余りを上回るという試算を報じています。野党・民主党は反対姿勢を崩さず対立解消のめどが立たないなか、トランプ大統領は非常事態を宣言して壁の予算を確保する方法を検討しています。トランプ大統領はツイッタ―に「私は選挙を勝ち抜いた。壁の建設は私の公約の一部だ。選挙の結果を尊重しなければならない」と投稿し、強硬な姿勢を崩していません。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2019

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
2019年「トランプが在韓米軍撤退」で世界大乱時代の幕が開ける
全米に広がる公立校のストライキ、最大の被害者は貧困層の生徒たち
米ボーイング、「空飛ぶ車」試作機の試験飛行に成功
『エースコンバット7』世界の歴史解説―「ストレンジリアル」ってどんな世界?【年末年始特集】
密接になる日英、中国・北朝鮮に対処するために
  • このエントリーをはてなブックマークに追加