荻原健司氏、“まな弟子”暁斗をねぎらう「ラージヒル個人で金メダルを」/複合

荻原健司氏、“まな弟子”暁斗をねぎらう「ラージヒル個人で金メダルを」/複合

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/02/14

平昌五輪第6日(14日、アルペンシア・ジャンプセンター-アルペンシア距離センター)ノルディックスキー複合個人ノーマルヒルで、ソチ五輪銀メダルの渡部暁斗(29)=北野建設=が2大会連続の銀メダル。前半飛躍(ヒルサイズ=HS109メートル)で105・5メートルの123・7点で3位につけると、首位のフランツヨゼフ・レーアル(24)=オーストリア=から28秒差でスタートした後半距離(10キロ)で2位に浮上した。エリック・フレンツェル(29)=ドイツ=が2大会連続で金メダルを獲得した。

テレビ解説を務めた渡部暁が所属する北野建設の荻原健司ゼネラルマネジャー(48)は、「この銀メダルで精神的には随分と楽になった。責任を果たしたような表情に見えた。ラージヒル個人で金メダルを見たい。その可能性を感じさせてくれた」とまな弟子をねぎらった。

荻原氏は4度出場した五輪の個人戦では94年リレハンメル、98年長野の4位が最高。メダルには手が届かなかった。

No image

試合後、荻原健司氏(右)と話す銀メダルの渡部暁斗 =韓国・平昌のアルペンシア距離センター (撮影・早坂洋祐)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
1998年と2015年の新旧トヨタ・カローラを衝突させると壊れ方がこんなに違う
あきらめるのはまだ早い!「医療費控除」は10万円以下でもOK
ディズニーでマナー違反のJK急増。インスタ映え写真に批判の声
中居正広の絶品レシピ「ツナ缶カレー」をマネする人が続出!
母から2000万奪った大銀行の"合法手口"
  • このエントリーをはてなブックマークに追加