膝丈「ユニパン」疲労軽減に効果 海星

膝丈「ユニパン」疲労軽減に効果 海星

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2019/08/14
No image

第101回全国高校野球選手権で九州・沖縄勢として勝ち残っている海星(長崎)と熊本工は13日、それぞれ練習に汗を流した。17年ぶりに夏の勝利を挙げた海星は15日の3回戦、八戸学院光星(青森)戦に向け、大阪府貝塚市内で練習。甲子園に来てから使っているという「秘密兵器」を着用した。

海星ナインは12日の初戦の疲れも見せず、練習をほぼ打撃に費やし、八戸学院光星(青森)との次戦に備えた。加藤監督は「簡単に点を取らせてもらえないと思うので、やってきたことを全て出し切りたい」と語った。選手の「秘密兵器」が膝丈の「ユニパン」と呼ばれる練習用ズボン。暑さによる疲労軽減のために採り入れた。「甲子園に来てから使っている。私は最初は反対だったが」と加藤監督は言うが、選手には「快適」と好評だ。初戦で本塁打を放った大串は「蒸れなくていつもの練習着よりいい。見た目があまり格好良くないのがちょっと残念ですけど」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
一関学院が25得点大勝発進、高橋滋監督が初陣飾る
準Vの星稜 母校に凱旋、報告会に500人 奥川「やっと終わったという気持ち」
“ツヨカワ”剣士が高校日本一 幼なじみとアベックV
「大人ときちんと会話ができる」香取シニア、指導の秘訣はどこにある?
炎天下の甲子園、野々村元監督の「鍛えてたら死なない」に賛同の声も「“耐える”は教育に必要」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加