「マップ」で自分のクルマが見当違いな場所にあります!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

「マップ」で自分のクルマが見当違いな場所にあります!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/20

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『「マップ」で自分のクルマが見当違いな場所にあります!?』という質問に答えます。

***

iOS 10の『マップ』は、BluetoothまたはUSBケーブル(CarPlay)でカーステレオと接続されると、最後に通信した場所を記録します。駐車時にはクルマのエンジンをオフにしますから、そこが駐車位置というわけです。その位置を目印にルート検索すれば、初めて訪れる土地でもクルマの位置を見失うことがありません。

駐車位置は上書きされますから、帰宅すれば自宅が最新の駐車位置となりますが、それはBluetooth/USBで接続されたときの話です。帰路に自分のiPhoneと接続しなかった場合には、往路の駐車位置がそのまま残ります。たとえば、家族が運転するクルマに乗り駅まで送ってもらったときには、駅近くの路上が駐車位置として記録されることがありえます。

クルマに乗っている間iPhoneを使った覚えがないという場合でも、このような事態は起こりえます。カーナビなどのBluetooth機器はペアリング済の端末を検出/再接続しようとしますから、意識して通話したり音楽を聴いたりしなくても、いつのまにか接続(iPhoneがカーステレオとの接続を確認)している可能性は大です。

クルマのエンジンをオフにしなくても、通信が一定時間切断された時点で駐車と判断されるため、同乗者のスマートフォンに接続を切り替えて音楽を聴いた、などという状況でも同様の事態が発生します。iPhoneの電源をオフにしたり手動で接続を削除した場合も同じです。

自分の愛車が見当違いな場所に駐車している状況は、なんとなく気持ちが落ち着かないものですが、24時間経過すれば『マップ』から位置情報は削除されるため、放置してかまいません。

No image

最後にカーナビとの通信が切断された場所を記録しているため、使いかた次第では見当違いな場所がマイカーの駐車位置として残ってしまうかもしれません

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『HUAWEI MediaPad T2 Pro』にコンパクトで使いやすい8インチモデル登場
新型MacBook Proの“下に敷いて使う”ポート拡張ツール「Line Dock」
「最高のAndroid端末という噂は本当か?」Google初の独自開発スマートフォン「Pixel XL」を徹底レビュー
トヨタ製カーナビアプリが無料公開。使い勝手どう?
未来は現実になった?すでに実現しているSF技術4選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加