【新井・一問一答1】胴上げに「本当に先輩、後輩に感謝しかない」

【新井・一問一答1】胴上げに「本当に先輩、後輩に感謝しかない」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/10/11
No image

笑顔で引退会見する阪神・新井良太=阪神球団事務所(撮影・飯室逸平)

阪神の新井良太内野手(34)が11日、兵庫県・西宮市内の球団事務所で引退会見を行った。涙はなく、スッキリとした表情で約20分間、監督、コーチ、スタッフ、選手やファンに向けた感謝を口にした。

【以下、一問一答】

-まずは、ご本人からご報告を。

「私、新井良太は、今シーズンを持ちまして、引退をさせていただきます」

-まずは昨日の試合を振り返って。

「正直、安藤さんの引退試合だったので。僕は目立たないようにといいますか、こっそりやろうと思ったんですけど。皆さんに送り出してもらって、本当に感謝しかないです」

-試合後は安藤選手と2人で場内一周。

「申し訳ない気持ちと、あとはファンの方にありがとうという感謝の気持ちを示すことができて、本当によかったです」

-試合中はスタンドを見ることができたり、プレーしている自分を感じることができた。

「安藤さんの引退試合だったんですけど、泣くのを我慢するのに必死でした」

-打席前にはこみ上げるものがあった。

「いろんな思いが走馬燈のように頭の中を駆け巡ったので。本当に…泣くのを我慢するのに必死でした」

-いまもそうですか。

「いまはもう、すっきりしています」

-試合では好プレーもあったが。

「安藤さんは公私ともにお世話になったので。ああいう風に球が飛んできて。たまたまですけど処理することができた。運命と言わないが、すごい巡り合わせだなと思った」

-試合での2打席はどう振り返るか。

「真っすぐを投げてくれたんですけど、打てなかったので。だからダメだったんですかね。なんとかホームランを打ちたいと思ったんですけど、ダメでした」

-胴上げもあった。改めてチームメートに対する思いは。

「福留さん、トリさんが言って下さって、あいいう形になったらしいんですけど。本当に先輩、後輩、感謝しかないです」

-悲鳴に近い歓声、声援も印象的だった。

「ファンの方あってのプロ野球選手だと、ずっと思ってやってきましたし。改めて、野球をやらせてもらったという、感謝しかないですね」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人に問われる不退転の覚悟
ベースボールキング
巨人が村田のクビを決断! 今オフのFA選手が「巨人NG」を選択
ケンブリッジ飛鳥「もう1000日前」五輪商品手に
パCSファイナルS国歌独唱 宝塚の男役・和海しょうは「斉藤和巳」が芸名ルーツ
プロ野球2017覆面「ミサイル座談会」(3)メジャースカウトが札幌に来る大谷以外の理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加