最新ランキングをチェックしよう
地球を遠く離れた人工衛星が撮影した「地球と月の距離感がよくわかる1枚」

地球を遠く離れた人工衛星が撮影した「地球と月の距離感がよくわかる1枚」

  • GIGAZINE
  • 更新日:2018/01/13

地球と月の間には約38万kmの距離があり、光の速さでも約1.3秒の時間がかかるほどですが、あまりに遠すぎるために人間にはその距離を実感できることはほとんどないはず。そんな距離をほぼ正確に感じさせてくれる写真を、地球から約500万km離れた宇宙を飛んでいる人工衛星が撮影しています。
Ever wanted to see how far apart the Earth and the Moon are

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ミクロとマクロが合致 - 量子もつれの分布は熱力学で決まると判明
生きたヒト細胞内で初めてDNAの結び目構造「i-motif」が確認される
ドナーの数は足りている? 日本の骨髄バンクの現状
ブラックホールから取り出した膨大なエネルギーを生活に利用したり爆弾にしたりすることができる
数学で割り出した脳モデルで明らかに。人間の脳は最大11次元の構造を持っている(スイス研究)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加