最新ランキングをチェックしよう
トランプ大統領の誕生で中国の暴走が抑えられる2つの理由

トランプ大統領の誕生で中国の暴走が抑えられる2つの理由

  • 週プレNEWS
  • 更新日:2016/12/01

トランプ政権は国防の重要ポストに中国封じ込めのエキスパートを置くだろう。そのひとりが海軍政策の専門家、ランディ・フォーブス下院議員だ

中国の海洋進出が止まらない。すでに南沙諸島の3つの人工島に空港を建設し、航空機を配備。10月末には南シナ海のウッディー島(永興島)に中国人民解放軍の航空部隊が駐屯を開始したとのニュースも流れた。中国の南シナ海支配は点から線、面へと拡大しつつある。
尖閣諸島の海域も

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本が無理やり勝ち取ったインド高速鉄道、「成功は相当難しい」=中国メディア
「韓国はあと何年で日本を追い抜く?」韓国ネットの予想は意外にも...
インドの高速鉄道、結局ほとんど日本製に?―英メディア
K−POPだけじゃない!米国に広がる新たな韓国文化=韓国ネット「韓国式は世界に通用する」「ロイヤルティーをもらうべき」
日本の大学の学食はこんなにすごかった「比べたら泣きたくなった」=中国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加