[nb championship U-13]「チームの中でも目標とされる選手に」。意識高い全少優勝組中心にC大阪U-13は普段から良い競争

[nb championship U-13]「チームの中でも目標とされる選手に」。意識高い全少優勝組中心にC大阪U-13は普段から良い競争

  • ゲキサカ
  • 更新日:2018/07/23
No image

[7.23 nb championship U-13決勝 FC LAVIDA 0-1 C大阪U-13 時之栖うさぎ島G]

セレッソ大阪U-13は、日常の意識高い競争が個・チームを高めている。昨年、全日本少年サッカー大会で優勝したC大阪U-12からCB河西祐哉、右SB三津井龍真、左SB足立康生、FW皿良立輝の4名がU-13チームに昇格。昇格組の河西主将が「自分たちがチームの中でも目標とされる選手にならないといけない。意識しています。ピッチ外の挨拶ところもそうですし、ピッチ内でも高いレベルを求めて声がけをやっています」と語るように、彼らは外部から加入した選手以上に意識高く持ってトレーニング・試合に臨んでいるのだという。

日本一を経験した選手として、自覚を持つ昇格組を中心に、各選手が意識高く日常に取り組んでいる。決勝戦で決勝ゴールを決めたMF若松大輔(ディアブロッサ高田U-12出身)は「みんな上手やし、練習からバチバチやっていて、集中していて良い環境でサッカーできている」と語っていたが、C大阪U-13は普段から非常に良い競争ができているようだ。

河西が「自分の特長をそれぞれ足が速いとか技術を持っている」と語るように、昇格組は外部からの加入組をリスペクト。その中でチーム内のライバルたちから「目標とされる選手」を目指して奮闘している。この日、全国大会級の大会を制したことで、彼らはライバルチームからもターゲットにされそうだが、選手たちは「目標にされる選手」だけでなく、「目標にされるチーム」になることも目指して技術、判断力から積み上げていく意気込みだ。

今回、「new balance championship 2018 U-13」で貪欲に成長を目指し、難しい試合を経験しながら成長したイレブン。今後もそれぞれが壁を超えるために日常から努力、競争を続ける。

(取材・文 吉田太郎)

【LIVE】ニューバランスチャンピオンシップU-13/2018 決勝FC LAVIDA vs セレッソ大阪U-13#gekisaka#NBCS#LIVEhttps://t.co/sXwt0jk51B— ゲキサカ (@gekisaka)2018年7月23日

【LIVE】ニューバランスチャンピオンシップU-13/2018 決勝FC LAVIDA vs セレッソ大阪U-13#gekisaka #NBCS #LIVE https://t.co/sXwt0jk51B
— ゲキサカ (@gekisaka)
2018年7月23日
from Twitter

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【FIFA U-20女子ワールドカップ フランス2018  日本vs パラグアイ 試合後コメント動画】FW宝田沙織「4点取らないといけないプレッシャーがあったが、早い段階で点を取れたことが良かった」
森保兼任監督、カンボジアGM兼任の本田「すごい」
【総体】シュートミスが同点弾に直結する悲劇。Jクラブが熱視線を送る桐光学園の2年生10番は何を思うのか?
【FIFA U-20女子ワールドカップ フランス2018  日本vs パラグアイ 試合前日コメント動画】【U20WWC】DF南萌華「チーム一丸となってしっかり自分達がやることやれば絶対に点はたくさん取れる」
ヤングなでしこが8強進出 2トップのハットトリック揃い踏みでパラグアイに6-0快勝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加