フランスに惜敗で1勝1敗...森山監督「僕らは何もまだ失っていない」

フランスに惜敗で1勝1敗...森山監督「僕らは何もまだ失っていない」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/10/12

◇U―17W杯1次リーグE組 日本1―2フランス(2017年10月11日 インド・グワハティ)

No image

<U―17W杯インド大会 日本・フランス>試合終了後、右手をあごに添えながら、電光掲示板に目をやる久保(左)

サッカーのU―17(17歳以下)ワールドカップ(W杯)インド大会は11日、1次リーグが行われ、E組の日本はフランスに1―2で敗れて通算1勝1敗とした。フランスは2連勝。

日本は前半13分と後半26分にグイリに決められ、2点ビハインドで迎えた後半28分に宮代が自ら得たPKを決めて1点を返したが、追いつくことはできなかった。

森山佳郎監督(49)は「序盤から守備の安定がなくて僕らの攻撃からボール失って相手にチャンスを与えていた。ちょっと消極的な部分もあった」としながらも「後半は大分押し込んだ時間帯もあったし、後半は互角にやれたんじゃないかなと思います」とE組最強と目されるフランス相手の1点差負けを振り返った。

14日には1次リーグ突破を懸けてニューカレドニア戦に臨む。「僕らは何もまだ失っていないので、次の試合しっかり勝って。決勝トーナメントが勝負だと思っているので、ここから頑張っていきたいです」と指揮官は前向きに話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『大食い王』もえあず敗れる歴史的混戦も 照英の「選手煽り」に批判殺到
「韓国サッカーは死亡」監督帰国でファンらがお葬式デモ、仁川空港が一時騒然=韓国ネット「信頼回復は不可能」「韓国サッカーの最大の問題は...」
監督が求めることと自分のやりたいこと。アントラーズで抜擢され、干された監督との付き合い方
キンタロー。ペア、社交ダンス国際大会で奇跡の大番狂わせ
【AFC U-19女子選手権中国2017 ベトナム戦 ハイライト】宝田沙織がハットトリック、ヤングなでしこがベトナムから大量8得点で初戦を飾る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加