バレンタインデーに100歳のサポーターをチームで祝福! エバートンの粋な計らいに賛美の声

バレンタインデーに100歳のサポーターをチームで祝福! エバートンの粋な計らいに賛美の声

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2018/02/15
No image

エバートンの創立は1878年。ドットさんとの年齢差は、わずか「40歳」だ。(C)Getty Images

プレミアリーグの強豪エバートンが粋な計らいだ。

2月14日のバレンタインデーに、クラブはひとりの老人をトレーニングセンターに招待した。名前はドットさん。100歳を迎えたおばあさんで、筋金入りのエバートニアン(エバートン・サポーターの意)なのだという。公式ツイッターでは、ドットさんがコーチングスタッフや選手たちと楽しげにランチを共にするムービーが紹介されている。

サム・アラダイス監督に花束を渡され、現コーチで元エースのダンカン・ファーガソンとハグし、DFアシュリー・ウィリアムズからは背番号100がプリントされた選手たちのサイン入りユニホームが贈られた。ちなみにこちらのドットさん。第2次世界大戦中は英国空軍の仕事に従事していたとのことで、当時の勲章らしきものも動画内で披露している。

エバートンのファンならずとも、実に微笑ましく、ほっこりする映像だ。メッセージ欄には世界中から賛美する声が届き、「チャーミングな女性だ」「エバートンというクラブの愛情の深さを垣間見た」「ピープルズ・クラブだね」などなど。クラブOBで元イングランドU-21代表FWのケビン・キャンベル氏も「ドットに神の祝福あれ!」と書き込んでいる。

もとより本拠地グディソン・パークでは相当な有名人で、練習場にもあしげく通ってきたというドットさん。クラブやサポーターの誰もが愛情を注ぐ、100歳の“レジェンド”なのだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
イヴァンカ補佐官、五輪のスノーボード競技を観戦
加藤浩次「なんだコイツ」 スケート北朝鮮選手の「接触行為」に反発
ダレノガレ明美、自分にそっくりとの噂のフィギュア選手への共感を明かす
まだまだ続く! 仮想通貨 ICOバブルの行方『NOAH COIN のICO』
そだねー! カーリング女子にあやかって、「赤いサイロ」でおやつタイムしてみた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加