アスカ殴られ関西弁絶叫「なめんじゃねーぞ」WWE

アスカ殴られ関西弁絶叫「なめんじゃねーぞ」WWE

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/14
No image

場外でブルック(左)に回し蹴りを決めるアスカ(C)2017 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:ロウ大会>◇13日(日本時間14日)◇米ジョージア州アトランタ・フィリップスアリーナ

前NXT女子王者・アスカ(36=華名)がロウ女子軍メンバーの1人として最後の代表決定戦を見届けた。

19日(日本時間20日)にPPV大会サバイバー・シリーズでのブランド対抗戦でスマックダウン女子軍と5対5エリミネーション戦を控えるロウ女子軍。その残り1枠を懸けたミッキー・ジェームス、デイナ・ブルック、ベイリーによる第5代表選手決定マッチを視察した。

3選手による白熱の攻防戦の最中、ジェームスのフェイスバスターでダメージを受けたブルックが場外に回避。

心配して近づくアスカだったが、ブルックに殴られて挑発を受けるアクシデントに見舞われた。これに怒りが爆発した前NXT女子王者はブルックを場外で捕まえ、回し蹴りで報復。「なめんじゃねーぞ、この野郎!」と関西弁で絶叫し、会場の度肝を抜いた。

なお試合はベイリーが勝利し、ロウ軍入りを決めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
現役最年長!74歳・グレート小鹿が意欲「来年はどこかのベルトをもらいたい」
大仁田 愛弟子の引退試合で“専売特許”電流爆破を許可
元王者・五十嵐 4年ぶり王座だ、スキンケア効果でもうひと花
アスカ顔面ビンタ受け本気!因縁ブルックを返り討ち
豊島八段がリベンジ王将戦 7年前に屈した久保への挑戦権獲得
  • このエントリーをはてなブックマークに追加