伊勢谷友介「日本ドラマ界ってすげー」 民放連ドラ初出演で驚き連続

伊勢谷友介「日本ドラマ界ってすげー」 民放連ドラ初出演で驚き連続

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2017/10/11
No image

TBS火曜ドラマ『監獄のお姫さま』試写会後記者取材会に出席した伊勢谷友介 (C)ORICON NewS inc.

俳優の伊勢谷友介が11日、横浜市内で行われたTBS系新ドラマ『監獄のお姫さま』(17日スタート 毎週火曜 後10:00)の取材会に出席。今作が民放連続ドラマ初出演となる伊勢谷は、撮影合間の会見で現場で感じた“驚き”を告白した。

【写真】小泉今日子、菅野美穂らが囚人服姿で登場

同作は、宮藤官九郎が脚本を担当する女子刑務所を舞台にした“おばちゃん犯罪エンターテインメント”。小泉今日子、満島ひかり、菅野美穂、夏帆、坂井真紀、森下愛子ら豪華女優陣が集結し「普通に生まれて、普通に暮らして、普通に死んでいく」ことがいかに平凡で、儚くて、幸せなことであるかを、笑って泣ける人間ドラマとして描く。

伊勢谷は小泉、満島らの復讐のターゲットとなる極悪人のイケメン社長・板橋吾郎を演じる。菅野から「意外ですね」と声をかけられる形で民放連ドラ初挑戦の話題になると「映画の撮影と比べるとペースが早くて、その中でこのクオリティーを作ってるなんて日本ドラマ界ってすげーなと感じてる」と感服する様子で語り「なるべく皆さんに迷惑かけないようにしてますけど、追いつけないですよ。すみません…」と、慣れない環境に四苦八苦している様子だった。

一方で、囚人服姿で出席した小泉は「次の台本を読むのが楽しみで、面白い連載漫画を待ってる感じでした。だけど撮影が始まって完成した作品を見ると、あたたかさや悲しみが浮き出てくる魔法のような脚本。そこが(宮藤の)魅力です」と笑顔。

スパルタ刑務官役の満島は「皆さんに八つ当たりするというか、いろんなひどい言葉を吐く。言ってる方もちょっと胸が痛くなりながら演じています」と胸中を明かしつつ「皆さんと接して生活をまとめる役なので、お母さんみたいな気持ちになってくる」とほほ笑みながら話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
出会って1か月で結婚!?オリラジ藤森慎吾&泉里香MC『マリキュラム』AbemaTVで11・16スタート
『相葉マナブ』1時間SPに二宮和也初登場 苦手なアウトドアロケで奮闘!?
何曲憶えてる?安室奈美恵が担当した歴代ドラマ主題歌15曲を振り返る
フジ「ザ・ノンフィクション」7年半ぶり2桁視聴率 殺人犯息子が初激白
カンニング竹山「プライドはないのか!」 上西リポーター登場にピシャリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加