最新ランキングをチェックしよう
中田英寿、日本代表歴代ポジション。岡田武史、トルシエ、ジーコ...歴代指揮官は孤高の男をどう起用したのか?

中田英寿、日本代表歴代ポジション。岡田武史、トルシエ、ジーコ...歴代指揮官は孤高の男をどう起用したのか?

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2020/04/06

【写真:Getty Images】西野朗(1996年アトランタ五輪) 1997年に日本代表デビューを飾り、イタリアでも大きな成功を収めた中田英寿は、サムライブルーの中心選手として3度のワールドカップの舞台に立った。ところが2006年のドイツワールドカップ敗退後、突如現役引退を表明する。国際Aマッチ通算77試合出場11得点という成績を残し、日本サッカーの急成長をけん引した男の活躍を歴代指揮官や大会、

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
W杯アジア2次予選 延期分は10月、11月開催を提案 AFC
土井杏南、母校後輩の言葉で未踏挑む/インタビュー
C大阪・瀬古、五輪延期も前向き「アピール時間増えた」 20歳目前...大人の階段へ
羽ばたいた本田、長友、香川、吉田...指揮官・反町康治は惨敗の北京五輪をどう捉えたか?【名勝負の後日談】
『一番成長した年』のその先へ。FC東京U-18MF常盤亨太は“自分史上最高”を塗り替える
  • このエントリーをはてなブックマークに追加