中国の資源銘柄のトレンドが反転?! サンワード貿易の松永氏(三井智映子)

中国の資源銘柄のトレンドが反転?! サンワード貿易の松永氏(三井智映子)

  • FISCO
  • 更新日:2016/12/01
No image

株式会社フィスコ

こんにちは、フィスコリサーチレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。

今日は中国の資源が下落しましたね。気になった方も多いかと思います。

まずは上海ゴム。
松永さんによると、『上海ゴムは、後場から何度かストップ安から外れる局面もありましたが、後場のラスト40分間はストップ安張り付きとなりました』

そしてそのほかの資源銘柄については、『本日の終値は、上海ゴムストップ安(7%安)、上海亜鉛ストップ安(7%安)、上海鉄筋ストップ安(7%安)、上海鉛ストップ安(7%安)、上海熱延鋼板ストップ安(7%安)、大連鉄鉱石ストップ安(8%安)となりました』とのこと。
ものすごいストップ安ラッシュですね!

『一方、大連粘結炭8.1%安、上海アルミ3.7%安、上海銅3.9%安となり、ストップ安とならなかった銘柄も少しあったようです』

これから中国の資源銘柄がどうなっていくのか気になるところですが、松永さんは、『これほどストップ安が多発することも極めて珍しいことから、中国の資源銘柄のトレンドが反転したと考えるべきかもしれません』との見解でした。

今後の中国の資源銘柄に注目していきたいですね。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の11月30日付「天然ゴム市場パート5」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコリサーチレポーター 三井智映子

<FA>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なぜ日本にいると、中国人であることが一発でバレるのか―中国ネット
中国トップモデルのリウ・ウェン、驚きの食事内容にネットユーザー悲鳴「無理。俺はデブのままでいる」―中国
女子大生1000人以上のヌード流出で大騒動
これぞ、チャイナクオリティ......16年前に豊胸手術を受けた女性のおっぱいが腹部に移動!?
中国人留学生にアンケート、「米留学後に祖国の印象が良くなった」は44%―中国紙

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加