リーグ3連覇狙う広島が3連勝で首位浮上 4回に田中が勝ち越しタイムリー

  • フルカウント
  • 更新日:2018/04/17
No image

広島対ヤクルトの試合結果

先発の九里が3回1/3、4失点KOも打線が爆発

広島が3連勝で首位に再浮上した。17日、広島・呉市の二河野球場で行われたヤクルト戦。先発の九里が初回に2点を奪われるなど4失点でKOされたものの、打線がきっちりと試合をひっくり返し7-4で完勝。セ・リーグ10勝一番乗りで、DeNAを抜き首位に立った。

序盤のビハインドなどものともしなかった。2点を先制された直後の初回の攻撃。松山の2ランであっさりと同点に追いつくと、2回には1死満塁から田中の2点適時打で勝ち越した。4回に再び同点とされたが、その裏に田中の適時打で勝ち越し。5回には會澤が適時打、6回には安部の投ゴロがフィルダースチョイスとなり、リードを広げていった。

今季初先発となった九里は6安打5四球で4点を失い、4回途中でノックアウト。2番手以降は薮田、一岡、今村、ジャクソン、中崎と継投で逃げ切った。

ヤクルトは連敗で勝率5割に。初回に2点を先制し、2点ビハインドの4回には山田の本塁打などで追いついたものの、先発の原が7安打5失点で4回KO。2番手の中尾も2点を失い、リードを広げられた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大谷翔平に“雑なアドバイス”、谷亮子の無責任発言に批判噴出
西武中村剛也らを抹消/22日公示
大谷翔平「ビックリ奴隷契約」と「禁欲」生活(3)一緒にノックも受ける通訳
羽生結弦 凱旋パレードに仙台熱狂!「仙台にただいま!と言えてうれしい」
メジャーではありえない!?高木菜那のノーバン始球式で見えた光景とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加