「シティ追撃の大きな助けになる」 “赤い悪魔”の新エースが待ち望むラストピースとは

「シティ追撃の大きな助けになる」 “赤い悪魔”の新エースが待ち望むラストピースとは

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/11/13
No image

前線で一人奮闘するルカクもイブラヒモビッチの復活に大きな期待

マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカクは、今季すでに公式戦10ゴールを決めるなど、移籍1年目で“赤い悪魔”のエースとしての地位を確かなものにしている。リーグ戦で宿敵マンチェスター・シティに勝ち点8差を付けられて2位に甘んじているが、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの復帰が強烈な追い風になると語っている。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

開幕から順調な戦いぶりを披露していたユナイテッドだが、第9節で昇格組ハダースフィールド・タウンに1-2、第11節で昨季王者チェルシーに0-1で敗れるなど失速。2位の座こそキープしているが、いまだ無敗のシティに水をあけられている。

中核であるフランス代表MFポール・ポグバがハムストリングの負傷で9月上旬から不在。右膝の負傷から復帰を目指してリハビリ中のイブラヒモビッチとともに復帰が待たれる状況だ。前線で奮闘するも4試合ゴールから遠ざかっているルカクは、頼れるカリスマの復活に大きな期待を寄せている。

「大きなモチベーションになる」

「大きなモチベーションになるよ。なぜなら彼の復帰でスカッドにまた一人素晴らしい選手が加わることになる。僕らのようなチームと対戦するのは、対戦相手にとって難しいことだろうね」

24歳のストライカーは、「彼(イブラヒモビッチ)の復帰はマンチェスター・シティ追撃の大きな助けになるだろう」と語り、カリスマFWの復帰がライバルを捉えるために必要なピースだと主張した。

驚異的な回復を見せるイブヒモビッチは、年内にも復帰する可能性があると報じられている。ともに身長190センチを超える大型ストライカーの二人がコンビを組む日は近いかもしれない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レアル主将ラモス、ダービーで鼻骨折 衝撃の“顔面キック”に海外騒然「新しい鼻が必要」
重量挙げスレイマノグル氏死去 50歳 “ポケット・ヘラクレス”五輪3連覇
ベンゼマ『悲惨』な3点評価
後半立ち上がりの2失点目を悔やむ香川「メンタル的にそこで...」
“伝統の一戦” 注目の先発発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加