最強寒波九州に襲来 各地で積雪

最強寒波九州に襲来 各地で積雪

  • 西日本新聞
  • 更新日:2018/01/12

九州地方に今季一番の強い寒気が流れ込んだ11日、長崎、熊本、佐賀各県で積雪が観測され、交通機関に影響が出た。12日朝の冷え込みも厳しく、昼前にかけて断続的に雪が降り、平地でも大雪となる恐れがある。

気象庁によると、各地の積雪量は長崎市9センチ、熊本県南阿蘇村5センチ、熊本市3センチ、佐賀市2センチ。最高気温は熊本県高森町で氷点下2・9度、長崎県雲仙岳で同2・3度と平年を10度近く下回ったほか、大分、宮崎両県でも氷点下を記録した。

12日午後6時までの24時間の降雪量は、山間部の多いところで佐賀、熊本両県は20センチ、福岡、長崎、大分各県は15センチの降雪が予想されている。平地でも熊本県20センチ、佐賀、長崎、大分各県10センチ、福岡県5センチの雪が降る恐れがある。福岡管区気象台は降雪や路面凍結による交通の乱れ、農作物や農業施設の管理、水道管の凍結などに警戒するよう注意を呼び掛けている。

=2018/01/12付 西日本新聞朝刊=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「異常で、いきすぎたセックス」の末の悲劇......タイ人女性の“全裸転落死”で、英国人男性を逮捕
父を刺し死なせた慶應大生 恵まれた人生を覆った父のDV疑惑
「身動き取れず手が股間に...」 中学教師の男を逮捕
【寒波】最後にもう1度だけ言うけど、来週  “とんでもないこと” が起こります / 月曜が合図で、そのあと終わりが来ます
25歳女性が常磐線車内で出産 JR東日本「記録も記憶もない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加