Vに王手の広島、八回に1点リードされる

Vに王手の広島、八回に1点リードされる

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/09/16

(セ・リーグ、広島-ヤクルト、24回戦、16日、マツダ)優勝へのマジックナンバーを「1」としている広島とヤクルトの一戦。ヤクルトは同点の八回、奥村が3番手・今村から中犠飛を放ち、1点を勝ち越した。

約30分遅れで開始された一戦。この日は広島が3年目・薮田、ヤクルトは小川が先発した。先制したのは広島だった。三回一死満塁の好機を作ると、3番・丸が右前2点打を放った。真っ赤に染まったスタジアムは地鳴りのような大歓声。「いいぞ、いいぞ、丸!」の掛け声が響き渡った。

ヤクルトは四回に山田が左翼線に適時二塁打を放ち、1点を返した。広島はその裏、先頭の新井が右越え9号ソロ。会沢が右前適時打を放ち、4-1とした。ヤクルトは五回に中村が左越え3号ソロを放ち、1点を返した。ヤクルトは七回に大松の右前2点打を放ち、同点に追いついた。

広島はこの日勝つか引き分けで1980年以来、37年ぶりとなるリーグ連覇となる。

No image

先発の広島・薮田=マツダスタジアム (撮影・山田俊介)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【 TGS2017】東京ゲームショーレポート2
Scoopie News(スクーピーニュース)
楽天、試合後に募金活動 メキシコ地震被害の支援呼び掛け
オリックス・新生いてまえ打線が発動!? 強力打線復活のカギを握るのはこの3人だ!
西武、ロッテに今季初3連敗 辻監督は「あと1歩」
栗山監督 大谷バッサリ「唯一、良かったのは勝ちが付いたこと」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加