大宮 ロスタイムに追いつかれ痛恨ドロー「厳しく受け止めたい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/16

◇明治安田生命J1第26節第1日 大宮2―2G大阪(2017年9月16日 熊谷陸)

大宮は後半ロスタイムに追いつかれてG大阪と2―2で引き分け。4戦連続勝ちなしでJ2降格圏を脱出することはできなかった。

前半を0―1で折り返したが、後半5分にマテウスが同点弾。同28分に大前の左CKが相手の長身FW長沢の頭に当たって吸い込まれるオウンゴールとなって逆転に成功した。だが、5分が掲示されたロスタイム突入後の後半49分に長沢に右足で決められドローとなった。

「前半はいい入りができた。後半もパワーをかけて逆転できたが、残り2分で勝ち点3を逃した。厳しく受け止めたい」と伊藤監督。山越も「勝てた試合で勝ち点2を失った。クロスからの得点が多いという情報は入っていてしっかり弾き返していたが…。もっと1人1人がしっかり戦わないと」と悔しそうだった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【AFC U-16女子選手権タイ2017 準決勝 韓国戦 ハイライト動画】リトルなでしこ、押し気味に進めた韓国戦をPK戦で落とす...U-17W杯出場権は中国との3位決定戦に持ち越し
G大阪 ミスで自滅 追い上げるもあと1点...守護神・東口ガックリ
横浜ヴィエイラ逆転ハット「次につなげられた」
JFAが神戸対磐田での「エリア内の決定的なハンド」を検証。上川副委員長は「映像で見ると明らかだった」
筑波大学、天皇杯16強敗退も“ジャイキリ”連発で残した衝撃。青年たちが経た大冒険
  • このエントリーをはてなブックマークに追加