最新ランキングをチェックしよう

ソフトバンクの米ウーバー出資 ライドシェア有望、自動運転普及見据え5社目

  • 産経ニュース
  • 更新日:2017/11/13

5月に10兆円規模の投資ファンドを立ち上げたソフトバンクグループが、世界のあらゆる分野の企業への投資を加速させている。中でも孫正義社長が「非常に重要な業界」と位置付けるのが、12日に出資交渉の合意が明らかになった米配車大手ウーバー・テクノロジーズなどの「ライドシェア(相乗り)」事業者だ。ソフトバンクは既に中国などでも配車大手に出資しており、全世界でライドシェア事業の拡大に乗り出す考えだ。
 「交通

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「さすが先進国」「日韓の根本的な違いを感じる」日本企業のノー残業に韓国ネットが感心しきり
「いきなりステーキ」株価いきなり大高騰の理由
パナソニック 子会社のパート職員を全員正社員に
なぜ西日本で「おでん」のないセブン-イレブンが増えているのか?
アマゾン、LINEスピーカーを突然「排除」...独禁法違反の可能性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加