ハリケーン「ノーマ」は再び熱帯低気圧に、熱帯暴風雨「マリア」は勢力強める

ハリケーン「ノーマ」は再び熱帯低気圧に、熱帯暴風雨「マリア」は勢力強める

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/09/17
No image

熱帯低気圧「ノーマ」(左)を捉えた衛星写真。右はハリケーン「マックス」。米海洋大気局提供(2017年9月14日提供)。

【AFP=時事】米国立ハリケーンセンターによると、ハリケーン「ノーマ」は16日、勢力を弱め熱帯低気圧に変わり、メキシコのバハカリフォルニア州に向かっている。その一方、大西洋では熱帯暴風雨「マリア」がカリブ海のリーワード諸島に被害をもたらす恐れが出ている。

前日にハリケーンに発達したノーマだが、再び熱帯低気圧となり、17、18日の2日間でバハカリフォルニア半島南部に接近する進路をとりながら、勢力はさらに弱まるとみられる。

ノーマは16日午後8時(日本時間17日午前9時)の時点で、バハカリフォルニア半島の人気リゾート地、ロスカボスの南335キロの海上にあり、最大風速は約28メートル。

NHCは、局地的に「命に危険がおよぶ可能性のある洪水」を発生させる恐れがある最大約510ミリの雨量を予想しており、警戒が呼び掛けられている。

一方、大西洋側では熱帯暴風雨「マリア」が勢力を強めており、リーワード諸島に接近する18日までにハリケーンに発達するとみられている。リーワード諸島は大型ハリケーン「イルマ」の直撃で甚大な被害を受けたばかり。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
7歳女児をレイプ殺人、犯人の男を公開で絞首刑に イラン
トランプ演説で広がる波紋、北朝鮮が決して許さない言葉
北朝鮮外相NY到着、トランプ氏演説に「危険な妄想」
北朝鮮がグアムを執拗に目の敵にする理由
英シンクタンク専門家が警鐘「北朝鮮核ミサイル東京直撃なら死者85万人」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加