こだわるのはパンだけ? パン好きなら一度は試したいコク旨バター

こだわるのはパンだけ? パン好きなら一度は試したいコク旨バター

  • ippin
  • 更新日:2016/12/01
No image

Byippin編集部

バターには、大きく二種類あるのをご存知でしょうか。ヨーロッパで主流の香り高い“発酵バター”と、あまりクセがない日本で主流の“非発酵バター”で、それぞれ有塩と無塩タイプが選べます。また、マーガリンが植物性の油脂から作られるのに対し、生乳から作られるバターはコクと豊かな風味が特徴です。今回は、いつものパンが何倍にもおいしく感じられる絶品バターをご紹介します! どれも感激するおいしさですので、ぜひ試してみて。

1:コンプリートしたくなる無数の種類! よりどりみどりのフレーバーバター

No image
No image

北海道北部にある豊富町の広大な放牧地で育つ牛の牛乳を使った、「Butter Field」というフレーバーバターです。目移りするほどの豊富な種類も人気の理由のひとつで、セージ・フェンネルなどの“ハーブ系”、ドライフルーツ・コンフィチュールの“フルーツ系”、山わさび・しそを使ったジャパニーズ系と、定番から変わり種までよりどりみどり。木のバターナイフ付きの美しいパッケージは、贈り物にも最適です。

バター好きを虜にする。豊富なフレーバーの道産バター「Butter Field」

クリエイティブオフィスキュー社長 鈴井亜由美

2:とにかくまろやか! 緑豊かな牧場で育つジャージー牛乳の発酵バター

No image

群馬県甘楽郡下仁田町にある『神津牧場』の「神津ジャージーバター」は、濃厚で香りが良く、とにかくまろやかな発酵バター。ジャージー牛の牛乳は乳脂肪、乳たんぱく質の含有量が高く、濃くて深い味わいが特徴です。シンプルにトーストで味わうのも良いですが、料理研究家の尾田さんがマフィンにぴったりな“フルーツバター”の作り方をご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

ジャージーバターをフルーツバターにしてさらにおいしく!

料理研究家/オリーブオイルソムリエ 尾田衣子

3:アルプス産岩塩の粒感が楽しい! バターマイスターによる『ブレス』のバター

No image

フランス・リヨンから北東約70㎞に位置するアン県で作られる、「ブレスのバター」。バターマイスターと呼ばれる熟練職人の手で伝統製法により、丁寧に作られる発酵バターです。おすすめは隣接するアルプス地方の岩塩を使った“ドゥミセル(加塩)タイプ”で、バターのミルク味に塩のツブツブが感じられる味わいがクセになります。日本でもオンラインで手に入るのが嬉しいですね。

そのままかじりたくなる、ブレス産バターの愉悦

アートディレクター・食文化研究家 後藤晴彦(お手伝いハルコ)

4:まるでホイップクリーム! ふんわり口どけに見た目もかわいいパン専用バター

No image

『よつ葉乳業』の「パンにおいしいよつ葉バター」は、その名の通りパン専用のバター。ふわふわでやわらかくキメの細かいほんのりクリーム色のバターは、口どけの良さやミルクのやさしい風味にこだわっているのだとか。あくまでも引き立て役に徹しながらもバターの旨味が豊かで、パンのおいしさをより一層際立たせます。一人暮らしでも買いやすいサイズも魅力です。

パン好きも認めるパンのためのバター!「よつ葉パンにおいしいよつ葉バター」

美容ライター 前田紀至子

5:極上のパリ土産! 食べ比べしたい三つ星レストラン御用達の発酵バター

No image
No image

パリの三ツ星レストラン御用達の発酵バターを二つご紹介します。日本でも買えるようになった「ボルディエ」と、まだ日本未発売の「パスカル・ベイユヴェール」です。パリでも高級食材店か専門店でしか買えないバターで、どちらも濃厚なミルクの風味で発酵バター特有の香りがふわっと香ります。ボルディエはクリアな後味、ベイユヴェールはよりクリーミーな味わいが特徴。パンには塗らずに、たっぷりとのせるように楽しんでみて。

【フランス土産】風味豊かな発酵バターは、ついたっぷり食べてしまう禁断の味わい

料理研究家 平野由希子

6:長野土産にも大人気! さわやかな甘みとミルキー感が後を引く「りんごバター」

No image
No image

バターにすりおろしたりんごを使ったジャムを加えた「りんごバター」も、一度試してほしい逸品。糖度が30%と通常のジャムよりはるかに低く、たっぷり塗って食べてもどこかさっぱりとしていて、バターのくどさが微塵もなく、ミルキー感とりんごの甘さが印象に残ります。こちらは長野県にあるスーパー『TURUYA(ツルヤ)』が手がける、長野県産の素材を使ったオリジナル商品。長野土産としても大変な人気を集めています。

長野県TURUYA(ツルヤ)オリジナル、パンとの相性抜群!絶品りんごバター!

パン・料理研究家 荻山和也

7:最高級プレミアムオーガニックバターの作成工程で生まれるフレッシュチーズ

No image
No image

続いては、新潟の製菓店『ERDBEERE(エルトベーレ)』と北海道瀬棚にある牧場と乳製品工場のコラボで生まれたブランド『セタナオーガニック』の、「オーガニックフロマージュブラン」をご紹介します。最高級プレミアムオーガニックバターをつくる過程で生まれる、とても貴重なフレッシュチーズです。クリーミーな口どけに、どこまでも洗練されたミルクの甘みとまろやかな酸と濃厚な余韻を楽しんでください。

プレミアムオーガニックバターから生まれたフロマージュブラン

ワイン研究家 株式会社食レコ 代表取締役 瀬川あずさ

8:これぞ究極! たった3分でできちゃう自分だけの贅沢フレッシュバター

No image
No image

究極なのは、自分だけの自家製バターではないでしょうか。市販製品に比べるとコストはかかってしまいますが、何といっても新鮮なのが魅力です。作り方は簡単! よく冷やした市販の動物性生クリームをパックのまま「バーミックス」で混ぜるだけ。黄身がかった色に変わったら一度ザルにあけて丁寧に水分を抜いて練るのが、おいしいバター作りのコツです。レーズンやピーナツをまぜて、フレーバーバターに仕上げるのも楽しそうですね。

ハンディーフードプロセッサーで作る自家製バター

フードスタイリスト マロン

ippin編集部ippin編集部の記事をもっと読む!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
どれから食べる?スタバ、冬の新作フードまとめ!サックリもっちり“石窯パン”のサンドイッチがイチオシ
ハズレなし! スタバの「激うまドリンク」3選
「赤霧島」ってよく聞くけどどんな焼酎なの?人気の理由って?
【激安】都内最安値レベルの「カニ食べ放題」がやっべぇぞ! 1995円でマジで食べ放題!! しかもお酒が50円で吹いた / 田端『千九五家』
今年の「日本一の朝ごはん」に選ばれた宿は?

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加