春香る♪飛田和緒さんに教わる、たけのこのゆで方

春香る♪飛田和緒さんに教わる、たけのこのゆで方

  • オレンジページ☆デイリー
  • 更新日:2019/03/26

東京では桜の開花宣言があり、春らしい気候になりましたね。この季節になると、スーパーでも見かけるようになる「生のたけのこ」。水に漬かっていたり、メンマになって瓶に入っている方とは仲良くやってきましたが、昔話に出てくるような皮に包まれた方とはどう付き合えばよいのやら、、、何年もチラチラと見ては華麗にスルーしてきた存在です。

そんな悩めるたけのこ族(?)を代表して、編集部K林が料理家・飛田和緒さんにゆでたけのこの作り方を教わりました!

No image

「自分でゆでたたけのこを使って、夢のたけのこご飯」の写真

〈ゆでたけのこ〉

●材料(2本分)

たけのこ……2本(約800g)

米ぬか※……ひとつかみ

※米ぬかがない場合は、水の代わりにたっぷりの米のとぎ汁を使ってゆでる。

●作り方

No image

(1)

たけのこはよく洗って土を落とす。根元の堅い部分を薄く切り落とし、皮を4~5枚むく。穂先の堅い部分を斜めに切り落とし、切り口から縦に1本深く切り込みを入れる(切り込みを入れると、中まで火が通り、加熱ムラ防止になるそう!)。

No image

(2)

口径25cmくらいの鍋にたけのこと、かぶるくらいの水を入れ、米ぬかを加えて、中火にかける。煮立ったら弱めの中火にし、落としぶた(鍋の口径よりひとまわり小さい金属製のふたや平皿でも代用可能)をして50分~1時間ゆでる(長時間ゆでるので、水がたっぷり入る鍋で作ったほうが、あとから水を足したりしなくてよく、ラクなんだそうです)。

No image

(3)

根元に竹串がすーっと通るくらいになったら、火を止めてそのままさます。さらに一晩おいてしっかりとアクを抜く。流水で洗いながら堅い皮をむき、水につけてさらに一晩おく(え!まだ食べられないの?と思いました?笑 しっかりアクを抜くためガマンです!)。

No image

清潔な保存容器に水とともに入れ、冷蔵庫で保存する。毎日水を替えながら冷蔵で3日間保存可能です。時間は必要ですが……ゆでるだけなので、意外とかんたんですし、自分で作ったゆでたけのこは食感もおいしさも格別! 待ったかいがあります!

飛田さんのお宅では、ゆでたたけのこを焼き網(または魚グリルでも!)で焼いて、しょうゆ漬けにした山椒の実をちょこっとのせていただくそう。日本酒や、白ワインにも合いそうですよね。想像しただけでも香りがいい~! もちろん、炊き込みご飯も作るそうですよ。今年ははりきって、ゆでたけのこに挑戦するぞ~。

料理/飛田和緒 撮影/高杉 純 文/編集部・小林
『オレンジページ』2019年4月2日号より)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

レシピカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【パパっとランチに】脱・マンネリの絶品「大人味うどん」バリエ5選
ファミチキにとろけるチーズかけるとおいしすぎるから気を付けないとヤバい
スープの人気レシピ【保存版】ホッとする食材の旨味たっぷりの絶品スープ40選
まるで鶏肉? 給料日前に作りたい冷凍豆腐のなんちゃってレシピ
【レシピ】簡単なのにリッチな気分の和風おつまみ「筍のかつお炒め煮」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加